活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

悩む力

2008年09月09日
成功哲学 2
悩む力 (集英社新書 444C)
悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜尚中 商品詳細を見る

満足度★★

好みの分かれる1冊です。
少なくとも、私にはあまりマッチしませんでした。

本書は、“悩む”ことを生きる力と捉え、
どうせなら徹底的に悩み抜くことを応援しています。

私たちは、グローバリゼーションという波が押し寄せる中で、
先の見えない時代を、多くの悩みを持ちながら生きています。

そこで、100年前に生きた2人の炯眼の持ち主である、
夏目漱石さんとマックス・ウェーバーさんの「悩み」に、
今を生きるためのヒントを見出すことを、本書では試みています。

「私」とは何者か、世の中すべて「金」なのか、「信じる者」は救われるか、
何のために「働く」のか、「変わらぬ愛」はあるか・・・・

現在、もんもんとするような悩みを持っている人は、
本書が、その悩みを肯定してくれますから、
次の一歩を踏み出すきっかけを作ってくれるかもしれません。

ただ、私自身が深く悩まないタイプであり、
恥ずかしながら、漱石さんの著書は学生時代に少し読んだ程度、
ウェーバーさんの著書にいたっては、1冊も読んだことがないため、
いまひとつ、ピンとこなかった部分もありました。

著者の姜尚中(カン サンジュン)さんも、最近は苦悩と無縁の
生活を送っている、底の浅い人がいると指摘していますが、
私がまさにその底の浅い人に該当しているようです。

あと、「何のために働くのか?」という問いに対し、
姜さん自身は、“他者からのアテンションを求めるために働く”
という考えのようですが、ここでの議論は、
何を指して「働く」と言っているのかが、しっかり定義されていないので、
読む人によっては受け止め方が、ずい分変わってくるようにも感じました。

この本から何を活かすか?

先程、漱石さんやウェーバーさんの著書をほとんど読んでいないことを
告白しましたが、実は姜さんの著書を読んだのもこれが初めてです。

姜さんの本職は政治学なんですね。

私は、ついつい実用的な本ばかり選ぶ傾向があるので、
今度は、姜さんの政治学関係の著書も読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント2件

コメントはまだありません

久兵衛

No title

私はこの本の目次をみて面白そうだなと思い買ってしまいました。
これから読んでみようと思います。
私も姜さんの著書を初めて読みます。

2008年09月24日 (水) 21:51

ikadoku

久兵衛さん

私は、なんでもビジネスライクに考えるたちで、
たまには、しっかり悩んだ方がよいのかなと、
本書を読んで思いました。
普段、読まない種類の本も、読んだ方が良いと実感。

2008年09月25日 (木) 10:31