活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

日本人のためのお金の増やし方大全

満足度★★★
付箋数:22

  「偉大なる国、日本の投資家の皆さん、
  富の探求者のみささんへ
  このたび、フォレスト出版から、ベストセラー
  となった私の著書、『Multiple Streams of
  Income』の日本語版が出版される運び
  となったことを、大変に光栄に思います。
  北アメリカをはじめ、世界各国の大勢の
  方々が、本書や、私の他のベストセラー著書
  を読んで、続々と億万長者の仲間入りを
  しています。日本の皆さんにもぜひ、
  経済的繁栄を達成するために本書を活用
  していただきたいと、切に願う次第です。」

このように語るのは本書の著者、
ロバート・G・アレンさん。

このたび、日本語版が出版される運びと
なったと言っていますが、実は今回が初めて
ではありません。

以前の本は同じフォレスト出版から出ていた
ロバート・アレンの実践億万長者入門
です。

15年以上前に書かれた本であるため、
古くなった内容をリニューアルすると同時に、
アレンさんが取材して、日本の社会システム、
ビジネスモデルに則した内容に改訂されています。

読んでいて、非常に懐かしく思いました。

細かい部分は覚えていないので、どこがどう
変わったかは比較できませんが、今の日本の
実情に合わせた内容になっています。

かつて、私は旧版の『億万長者入門』を読んで、
経済的自由を得るために、「投資マウンテン」
への投資を始めたことを思い出しました。

さて、細かなテクニックはさておき、
本書のメインメッセージは、一生続く複数の
お金の流れをつくることにあります。

お金の流れには「それきり型」と「一生型」
の2種類ありますが、本書が目指すのは、
もちろん「一生型」の方です。

では、どのようにして「一生型」のお金の流れ
をつくるのでしょうか?

  「経済的自由をもたらす3つの巨大な山
  (マウンテン)があります。3つの山は
  それぞれ独自の特徴を持っています。
  そしてそれらは3つとも、あなたの将来の
  経済的成功にとって非常に重要なものです。
  この山脈全体へ投資することで、分散投資の
  安全性が得られると同時に、もっとも有効な
  マネー・メイキングのチャンスに常時
  アクセスしていることが可能になるのです。」

一生型のお金の流れを作る3つのマウンテンは
以下の通りです。

 1. 不動産マウンテン

  不動産マウンテンには収入は2種類あります。

  1つは長期で優良な不動産を買って、
  家賃収入のキャッシュフローを得ること。

  もう1つは、抵当流れと転売で稼ぐことです。

 2. 投資マウンテン

  このマウンテンでは、インデックスファンド
  への投資が推奨されています。

  「株式のインデックスを毎月一定額、
  長期に購入することが最善であるわけですが、
  日本では最近iDeCo(イデコ)という
  個人年金商品が売り出されました。
  これは究極の長期投資と言える内容です。」

 3. マーケティング・マウンテン

  このマウンテンには4つの流れがあります。

  ・情報ビジネス
  ・インターネット
  ・パーソナルフランチャイズ
  ・ライセンシング

特に「不動産マウンテン」と「マーケティング
・マウンテン」に多くのページを割いている
のが本書の大きな特徴です。

どれか1つのお金の流れに依存するのは
リスクがあるので、これらを組み合わせる
ことで、お金に関する不安を解消します。

この本から何を活かすか?

本書の最終章では、稼ぐことではなく、
「分かち合う」ことについて書かれています。

  「複利によってお金がどれくらい大きな額に
  成長するかを知ってください。そのお金で
  あなたも世界に大いなる貢献をすることが
  できるはずです。偉大な慈善家たちが
  行ってきたことを、あなたにもぜひやって
  いただきたいのです。」

我が家でも収入の一定額を寄付するように
していますが、確か本書のオリジナル版を
読んだ頃から始めた記憶がありますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3382-6253f2d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT