活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

NHKラジオ ビジネス英会話 高橋修三 ワークライフバランスを考える

NHKラジオビジネス英会話-高橋修三ワークライフバランスを考 (NHK CDブック)
NHKラジオビジネス英会話 高橋修三ワークライフバランスを考える
(2008/06)
杉田 敏 商品詳細を見る

満足度★★★★

本書は、杉田敏さんが講師を務めるNHKラジオ講座、
「ビジネス英会話」の、2006年10月~2008年3月に放送された
講座の中から、24レッスンを収録したCDブックです。

以前に、「ビジネス英会話:高橋修三キャリアアップの道
を紹介しましたが、その続編に当たります。

高橋修三とは、本講座・ビニエット(物語)の主人公です。

彼は、米国の大手食品メーカーに転職したのですが、
上司の退職により、副社長に昇格したところから物語が始まります。

この高橋修三シリーズは、本書が第3弾でシリーズ最終巻。
(第1弾はヘッドハントされる、第2弾はキャリアアップの道

基本的に、主人公とその会社の仲間数名の、
仕事やプライベートに関する“雑談”が題材となっています。

レッスンのタイトルをいくつか挙げてみると、

  ・Expat Lifestyle 駐在員生活
  ・Money Talk お金の話
  ・Living Longer 長生きする
  ・Financial Scams 詐欺事件
  ・Helicopter Parents 過保護な親たち

などなど。

ですから、タイトルにあるように、主人公の高橋修三が
ワークライフバランスについて考えているという訳でなく、
単に24レッスンの中に、仕事を題材にしたもの、プライベートを題材にしたもの
それぞれが含まれているといった内容です。

ワークライフバランス、CRS(企業の社会的責任)、ヘリコプターペアレンツ
などの用語は、最近では日本でもずいぶん耳にする機会が増えましたが、
思えば、私がこれらの用語を知ったのは、この講座が最初でした。
(ラジオ放送当時)

この本から何を活かすか?

私は、杉田さんの講座を聞き始めて10年くらいになります。
きちんと聞くようになったのは、荒木裕美シリーズから。

私が、「杉田さんのビジネス英語、すごく面白いよ!」と人に薦めると、
「ちょっと難しすぎるから・・・」という反応を受けることがあります。

もちろんレベルの合う合わないはありますが、
私が聞き始めた当時は、TOEICで500点前後。

最初はハードでしたが、難しさがどうのというより、
その内容に魅了され、なんとか聞き続けることができました。

10年を振り返ってみると、無理をしてでも、
この講座を聞き続けて良かったことは間違いありません。

後は、杉田さんが少しでも長くこの講座を
担当し続けてくれることを願うばかりです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 11:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/338-eb8cf07a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT