活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

さらば大樹の陰

満足度★★★
付箋数:21

サンライズパブリッシングさんより
献本いただきました。ありがとうございます。

  「サラリーマンの線路から降りて大樹の陰
  から抜け出すと、そこに広がっていたのは
  自由な世界でした。
  願っていた通りに社長かつ投資家としての
  人生を歩み始めた私は、現在、時間を自由に
  使うことができます。あれだけ副業などで
  苦労して稼ごうとしたお金の心配もありません。
  不動産の資産運用で不労所得が得られる
  からです。」

自分が生きていくため、あるいは家族を養って
いくためには「お金」が必要です。

そのお金を稼ぐために、ほとんどの方は、
サラリーマンとして企業に雇われています。

給料に満足しているか、不満があるかは
さて置き、サラリーマンになると安定的な
収入が得られます。

しかし、・・・

もし、あなたにお金の問題さえなければ、
今の会社でそのまま働き続けますか?

会社からもらっている給料以上に、あなたは、
我慢して、犠牲を払っていませんか?

今の仕事を続けたくないと方にとって、
問題となるのは、会社を辞めてどうやって
収入を得るかです。

その収入を得る方法の1つが「不動産投資」です。

本書は、サラリーマンだった杉田卓哉さんが、
さまざまな副業を試しては失望しながら、
不動産投資で成功するまでの自伝的ストーリー。

杉田さんと言えば、新築ワンルームマンション
への投資をしないよう警告するストーリー本、
40歳独身のエリートサラリーマンが
「不動産投資」のカモにされて大損した件

を出されている方です。

本書では、成功した現在から時間を遡ります。

大企業に就職して安定した生活を送りながらも
疑問を抱きながら働いていたサラリーマン時代。

そしてフルコミッションで高収入を得ていた
学生時代を赤裸々に振り返ります。

杉田さんが決心をしたのは34歳のときでした。

  「実家に帰省する新幹線の中で丸の内の夜景を
  眺めながら、僕の中で気持ちが整理されつつ
  あった。それは覚悟として確かな形になろうと
  していた。つまり、こういうことだ。
  サラリーマンのレールから降りよう。」

杉田さんは、サラリーマンに未来はないと
判断して、安定した生活と決別し、
勇気を持って独立起業へ踏み出します。

この決断に至るまでに、杉田さんは沢山の
副業や投資に挑戦して、失敗を経験をしました。

そして巡り合ったのが不動産投資でした。

不動産投資をすれば、家賃収入が得られます。
しかし、投資するためには、元手が必要です。

一体、どのようにして元手を用意して、
不動産投資を始めればいいのでしょうか?

世の中で、不動産投資をしている人を見ると、
もう既にある程度成功していて、最初の一歩を
どうやって踏み出したかがよくわかりません。

本書は、決してノウハウ本ではありませんが、
サラリーマンとしての苦悩や葛藤から脱し、
不動産投資を始めたときの杉田さんの過去を
物語として追体験できます。

  「実際、不動産投資は、会社を辞めずにできた。
  しかも労働集約型ではないから時間を削る
  こともない。継続的な収入を得ることも
  可能だ。僕が副業に求めていたすべての要素を
  満たしていた。
  さらに会社員であることが有利になる。
  というのはローンが組めるからだ。
  ローンを組むことによって、レバレッジを
  効かせることができる。」

人は、先が見えないと大きな不安を感じます。

本書は、その見えない未来を物語として
読むことができるので、新しい一歩を踏み出す
勇気を与えてくれると思います。

この本から何を活かすか?

これから日本の人口は減っていきます。

それだったら、日本で不動産投資するよりも、
人口の増える新興国で投資した方が確実に
儲けられるのではないか?

そう考える方もいるかもしれません。

しかし、杉田さんは自身がそうしたように、
最初は国内で始めることを勧めています。

実は、日本の不動産投資の利回りの方が、
下手な新興国よりもいいそうです。

また、日本は金融機関の融資や
不動産会社の仕組みも確立していて、
投資するための環境が整っています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3366-1c2385a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT