活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

共働きだからできる 中学受験必勝法!

満足度★★★
付箋数:17

あさ出版の星野さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「最初にお伝えしたいことがあります。
  中学受験は、やりようによっては親の負担が
  とても大きです。
   “共働きでは無理、子どもに中学受験・合格を
  させたいなら仕事を諦めなければ” 
  そんな話を聞いたことがある人もいるかも
  しれません。お父さんかお母さんが子どもの
  横にみっちりついて伴走しなければならない
  から、と。
  ここ最近、私のところにもこうしたご相談が
  多く寄せられます。
  しかし、これは間違いです。」

本書は、共働きの家庭が中学受験する際の
対策に特化した本です。

著者は、プロ家庭教師集団 名門指導会代表の
西村則康さん。

本書では、両親が忙しく働いていても、
子どもに密着してフォローできなくても、
中学受験に合格することができると言います。

合否を決めるのは、共働き家庭としての、
受験に向けての戦い方を知っているか否か。

本文に入る前に、2点、西村さんからの
お願いが書かれています。

1つ目は、親自身の受験経験は忘れること。

自分自身もかつて中学受験を経験した
親御さんも中にはいるでしょう。

しかし、それは20~30年前のことで、
中学受験の様相はその頃と大きく変わって
いるようです。

問題のレベルも上がり、過去の常識はまったく
通用しなくなっているのです。

2つ目は、受験は意識した瞬間からその対策を
始める必要があること。

共働きの家庭では、子どもと一緒にいる時間が
限られています。

中学受験は時間との戦いでもあるので、
完全に受験することを決めてからでは、
遅すぎるのです。

少しでも中学受験をする可能性があるなら、
数年先を意識した勉強法に切り替えることを
西村さんは勧めています。

本書では7章立てで、中学受験に関する質問に
答えます。

 Q. 共働き家庭が中学受験を目指す場合、
  何をすればいいですか?

 A1. 勉強に必要な基礎力を高めておくことが大切

  中学受験をする、しないに関わらず、身体感覚、
  非認知能力は身につけておく必要があります。

 A2. 上手に役割分担する

  親が何から何まですべてやってあげなければ
  ならないと考えないでください。

  親ができることとできないこと、他人の力を
  借りてはじめてできることがあります。

本書では、準備に関するアドバイスから、
親としての心構え、具体的な学校選びから、
塾・家庭教師の見極め方、スケジュールの
立て方まで、細かく疑問に答えています。

私が本書でいいなと思ったのは、受験に関する
テクニックだけでなく、子育ての本質的な
アドバイスも書かれていることです。

  ・お父さんとお母さんで役割を分ける
  ・子どもの気持ちを尊重する
  ・お母さんの心の平穏が何より大事
  ・子どもを「小さな王子様」にしない
  ・子どもの嘘は追い詰め過ぎない

中学受験を決めた共働き家庭はもちろんですが、
そうでなくても、子育てをしている家庭なら
参考になる部分があると思います。

この本から何を活かすか?

どのように学力をつけるべきか?

この質問に対して、西村さんは次のように
答えています。

  「学力をつけるには自問自答力を鍛える
  学力とは、いろいろな知識を必要に応じて
  つなぎ合わせる力です。自問自答して、
  自分の頭で考えることが学力を伸ばします。
  問題を読みながら “何がわかっているの?” 
   “何が聞かれているの?” と自分に問いかけ、
  意識して考えるようにするのです。」

この自問自答力は、受験に限らず、
生きていく上で必要な力だと感じました。

このように自ら頭を使う習慣は
大人になっても生かされることでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 07:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2018/09/07 12:40 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3358-7d95f58b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT