活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

満足度★★★★
付箋数:25

あなたは、政治家や官僚を信頼していますか?

政治家や官僚は、国家を作る上で最も重要な
役割を果たす人たちです。

しかし、全員が全員ではないものの、
国会の答弁などを見ていると、信用できない
と思うことが少なくありません。

政治家や官僚さえあまり信頼できないのに、
私たちは、なぜ、まったくの他人を信用して車に
乗り込んだり、赤の他人の家に泊まることが
できるのでしょうか?

まったくの他人を信用できなければ、Uberや
Airbnbといったサービスは成り立ちません。

信頼とは、未知のものとの確たる関係。

信頼があればこそ、人はリスクを取り、
弱みを晒すことができます。

それは、結果がはっきりとわかる前に、
相手がどう振る舞うかわからなくても、
頼ったり、頼られたりすることです。

今、「信頼」の形が変わりつつあります。

  「この本では、ある大胆な仮説を提起している。
  わたしたちは今、人類の歴史の中で3度目の、
  もっとも大きな信頼の革命の入り口に
  立っている。過去を振り返ると、信頼には
  際立った区切りがある。最初はローカルな信頼。
  小さな地域社会の境界のなかで生き、
  みんながみんなを知っていた時代のことだ。
  次が制度への信頼。さまざまな契約や法律や
  企業ブランドを通して信頼が媒介され、
  商業が地域の境界を越えて、産業社会に
  必要な土台が作られた時代がそれに当たる。
  そして3番目が、まだはじまったばかりの
  分散された信頼の時代だ。」

信頼はかつて、上から下へと流れていました。

しかし、今の時代の信頼は少し形が違います。

「分散された信頼」とは、個人間で横に流れる
信頼のことです。

これは、ネットワークやプラットフォーム、
システムによって可能になります。

日本人からしてみると、中国人と商取引を
する際に、あまり信用できないと思う方も
多いのではないでしょうか。

ちょっとでも油断すると、騙されるのでは、
と考えても不思議ではありません。

そんな中国で、個人間で信頼をベースにした
ビジネスが成り立つなんて想像できますか?

  「ジャック・マーの物語は、無一文から身を
  起こして大金持ちになった起業家の成功談に
  とどまらない。それは、信頼構築という
  繊細で驚くべき偉業の物語だ。
  双方が信頼しなければ成り立たない
  インターネットのマーケットプレイスを
  うまく構築するのは大変な挑戦だが、
  マーの物語がさらに非凡なのはそれを
  中国で成し遂げたという点だ。」

本書では、分散した信頼の事例として、
中国のアリババを取り上げています。

本書は、信頼を取り巻くパラダイムシフトを
取り扱った本です。

信頼は、これまで「ローカルな信頼」から、
「制度への信頼」へと姿を変えてきました。

そして今、テクノロジーに支えられた、
「分散された信頼」へ姿を変えつつあります。

本書は、信頼革命の背景と仕組みを読み解き、
これからの時代、ビジネスには欠かせない
信頼構築の仕組みをつくるための本です。

著者は、2010年に『シェア』を刊行し、
共有経済、シェアリングエコノミーを紹介して、
話題となったレイチェル・ボッツマンさん。

本書のテーマも、また刺激的です。

シェアリングエコノミーを支える「信頼」に
着目して、深く掘り下げ考察しています。

本書では、分散された信頼の、
日の当たる面だけでなく、日陰の部分にも
事例を挙げて言及しています。

それは闇サイトでの売人と顧客間での信頼や、
中国の信用格付け制度の内側などです。

表にしろ裏にしろ、こらからビジネスを
行っていくには、本書を読んでおくことは
必須とも思える内容でした。

この本から何を活かすか?

新しい発想に人々が信頼を寄せるための
「3つの原則」が紹介されていました。

 1. カリフォルニアロールの原則
  新しいものと馴染みのある何かを組み合わせ、
  「新しいのに見慣れたもの」を作る。

 2. メリットの原則
  新しいものが「自分の得になること」を伝える。

 3. インフルエンサーの原則
  影響力を持つ人が使うことで、一気に信頼が
  増すことを利用する。

この中で、カリフォルニアロールの原則は、
言い得て妙なネーミングだと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3356-80b2d814

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT