活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

子育て経営学 気鋭のビジネスリーダーたちはわが子をどう育てているのか

満足度★★★
付箋数:24

日経BP社の日野さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「次世代を担う若きリーダーたちは、
  子育てにどのように関わり、どのような
   “人育て” に挑戦しようとしているのか。
  学校選びは? お小遣いのルールは?
  夫婦の協力体制は? 将来の職業選択にどんな
  アドバイスをする? 子育てのベースになる
  原体験として、彼らはどう育てられてきたのか。
  そして、ビジネスと子育ての相乗効果は
  あるのか。人生において、子育てはどんな
  意味を持つのか。聞きたいことが、次々に
  湧いてきた。」

本書は、このような興味に答える本です。

40代以下のビジネスリーダーに「子育て論」を
語ってもらったインタビューをまとめたもの。

インタビューしたのは、ノンフィクション
ライターの宮本恵理子さんです。

登場するビジネスリーダーは、次の10名。

 早稲田大学ビジネススクール准教授 入山章栄さん
 ソラコム社長 玉川憲さん
 ノバルティスファーマ社長 綱場一成さん
 建築デザイン事務所noiz代表 豊田啓介さん
 SOUSEI社長 乃村一政さん
 ソウ・エクスペリエンス社長 西村琢さん
 スペースマーケット社長 重松大輔さん
 ガイア社長 中桐啓貴さん
 NPO法人クロスフィールズ代表理事 小沼大地さん
 WiL共同創業者兼CEO 伊佐山元さん

それぞれのビジネスリーダーに子育てとの
関わり、平日と休日の24時間スケジュール、
6つの子育てQ&A、子育ての原体験なども
語ってもらいます。

そして最後に「あなたにとって、子育てとは?」
という問いに自筆の答えをもらっています。

登場する全員が、しっかりと子育てにも
関わっていることがよくわかります。

例えば、トップバッターで紹介されている
入山章栄さんはこのように語っています。

わが子に与えたいものは何ですか?

  「これからの世界を生き抜くための
  共通言語を与えてあげたいですね。(中略)
  1つは現時点で世界最大の共通語である英語。
  2つ目は数学。3つ目はプログラミング言語。
  そして4つ目が、意外に思うかも
  しれませんが、 “表情” です。」

あなたにとって、子育てとは?

  「何だかいいことばかり話していますが、
  実際には嵐のような衝突を経て、少しずつ
  学習して、やっとここまで来たという感じです。
  子育ては、 “正解のない究極の学習” 。
  このひと言に尽きます。」

よく言われることですが、子育ては教えること
より、教わることの多い体験です。

子育てを経験しなければダメという訳では
ありませんが、やると必ず人生に幅が出て、
深みが増すことは間違いありません。

その経験をどう活かすかは、あなた次第。

入山さんが「経営学より面白い!」と
書いているのもよくわかります。

ここでは入山さんの子育て論の考えの一部を
紹介しましたが、10名のビジネスリーダーの
子育て方針は、ずいぶん違います。

まさに、「子育てには正解はない」ことが、
改めて実感できます。

10人10様だからこそ、本書は条件の異なる
様々な子育て世代の参考になると思います。

欲を言えば、私は15年前に読みたかった。

もはや我が家の子育てに参考にするには
遅いですが、それでも非常に興味深く読む
ことができました。

本書は宮本さんが、日経ビジネスインライン
上で連載していた「僕らの子育て」を
ベースにまとめた本です。

この本から何を活かすか?

それぞれのビジネスリーダーが子育てに、
違った考えを持っていますが、
それでも、いくつかの共通点があります。

それをまとめたのが、次の7つの考えです。

  1. 経営計画と同じように中長期的な
   ビジョンを持つ
  2. 「チーム」として、夫婦で連携する
  3. 「好きなこと」を見つける多様な経験を
   与える
  4. オンとオフを分けすぎず、柔軟に働く
  5. 「共働き」は当たり前、妻と仕事に
   ついて語り尽くす
  6. 「家庭外」の力を、前向きに活用する
  7. 子育ての経験は、事業や組織を
   成長させるチャンス

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3355-1e9d1462

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT