活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

満足度★★★★
付箋数:26

かなり売れているので、読んでみましたが、
読んで納得しました。

非常に面白い本です。

転職しようか思い悩んでいる人はもちろん、
そうでない人が読んでも、十分に価値がある
本だと思います。

  「私はこの本を通じて、すべての人が
   “いつでも転職できる状態” をつくりたいと
  本気で願っています。なぜなら、すべての
  働く人がいつでも転職できるだけの
   “市場価値” を持てたとしたら、あなたの
  生き方すらも変わる可能性があるからです。
  そのために、必要なのは単なるうわべの
   “転職情報” ではなく、情報を見極める
   “思考の軸” です。」

著者は、株式会社ワンキャリアの執行役員で、
「職業人生の設計」の専門家の北野唯我さん。

北野さんは、すべての働く人が、
「いつでも転職できる」という交渉のカードを
持てば、今の職場でも絶対に良くなるとの
確信のもと、本書を執筆しています。

 ・会社を辞めるべきタイミングがわからない。
 ・「年収は下がるけど、魅力的な会社」への
  転職はありか?
 ・自分の市場価値をどう測るか、
  そしてどう高めるか。
 ・「本当にやりたいこと」がいつまでたっても
  見つからない。

本書は、こうした転職や働くことへの悩みに
物語形式で答えます。

主人公は、印刷機器業界で営業職として働く
青野というサラリーマンです。

彼は30歳になり、特別な才能や専門性もなく、
大きな組織を率いた経験もないことから、
自分の将来やキャリアについて、
漠然とした不安を抱えています。

そんな青野が、ある日、紹介されて出会ったのが、
企業再生で有名な経営コンサルタントの黒岩。

物語のプロットは、仕事や人生に行き詰まった
主人公がメンターに出会って、教えを受けながら
成長する、よくあるパターンです。

黒岩が青野に教えるのは、転職のノウハウや
情報ではなく、「転職の思考法」でした。

  「転職に必要なのは知識でも情報でもない、
  どう選べばいいかの判断基準、つまり
  『思考法』なんだよ。この転職の思考法とは、
  私がこれまで数百社の企業に携わった中で
  見つけた、『一生食べていくための方法論』だ。
  20代から50代まで、仕事で食べていく上で
  必要なキャリアの考えがすべて詰まっている。」

二人の出会いは、こんな黒岩の説明から
始まります。

そして、黒岩は青野に簡単なクイズを出します。

  「ある会社に、AさんとBさん、二人の40歳の
  社員がいる。2人は同じ会社に勤めている。
  だが、Aさんは今の会社が潰れたら生きて
  いけない。一方でBさんは今の会社が潰れても
  生きてゆける。同じ年月働いてきたのに、
  まったく違う結果の2人。それは2人が見てきた
  ものが違うからだ。さあ、何だと思う?」

この2人の違いは、「一生食べていけるか」の
違いです。

答えに窮する青野に、黒岩は教えます。

  「結論は、上司を見て働くか、マーケットを
  見て働くかの違いだ。
  いいか。君に必要なのは、まず、自分の
  マーケットバリューを理解することだ。
  マーケットバリューとは、市場価値のこと。
  市場価値とは、その名の通り、今の会社での
  価値ではなく、世の中からみた君の価値、
  君の値段だ。」

黒岩からの問いかけで、思考が回りだす青野。

読者は、青野の思考や行動を追うことで、
転職だけでなく、働く上で必要な「思考の軸」
を身につけることができます。

この本から何を活かすか?

 あなたのマーケットバリュー
  =技術資産×人的資産×業界の生産性

マーケットバリューを決める3つの要素の中で、
最大の要因となるのが「業界の生産性」です。

金融業界では20代で年収2000万円も稼ぐのに、
ウェディング業界の人間は30代後半でも、
年収200万円で働いています。

同じくらい忙しい両者ですが、
年収の違いは何から生まれるのか?

それが、「業界の生産性」で、
その業界の人が平均一人あたり生み出す価値。

つまり粗利のことで、給料の源泉となります。

一人あたりの粗利が、業界によって
最大20倍も違うので、もらう給料も違うのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3347-cbbe917a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT