活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

筋トレ英会話 ビジネスでもジムでも使える超実践的英語を鍛えなおす本

満足度★★★
付箋数:21

  「 “目標が見つからない” ……そんな人にこそ、
  英語と筋トレをお勧めしたい。英語と筋トレは、
  どの分野においても必ず役に立つ万能の力だ。
  そして努力を絶対に裏切らない。才能なんて
  関係なく、やったらやった分だけ確実に
  成長する。100%リターンが得られる投資と
  言っても過言ではないだろう。」

著者のTestosteroneさんは、これまで常に
「筋トレしろ」というメッセージを伝えて
きました。

今回は、初めてそのメッセージから外れます。

本書は、筋トレ好きによる筋トレのための
楽しく学べる英語本。

Testosteroneさんは、日本語・英語・中国語の
トリリンガルです。

子どもの頃から海外で生活していた訳ではなく、
英語・中国語をマスターするとう明確な目標を
持って、試行錯誤を繰り返して習得した方。

最初に英語を学んだときに、習得の心得や
学習のスタイルを確立したそうです。

そのため、次に取り掛かった中国語では、
かなり習得するまでの時間が短かったと
振り返ります。

本書では、Testosteroneさん流の英語習得の
「4つの心得」が示されています。

心得1. 自信を持て!
 君はすでに英語を話せる。

  「俺が断言しよう。 “自分は英語が話せる” 
  と認識した瞬間から、君は英語が話せる
  ようになる。君には今すぐにでも海外に行き
  生活する基礎的な英語力が備わっている。」

心得2. 他人の目を気にするな!
 意思の疎通ができれば、発音なんてどうでもいい。

  「ハッキリ言おう。英語を話すのに、発音が
  完璧である必要も、難しい構文や語彙を
  使いこなす必要も一切ない。(中略)
  英語はコミュニケーションツールだ。
  意思の疎通がもっとも重要な役割であり、
  発音とかカッコよさとかそんなものは
  二の次だ。」

心得3. ふてぶてしくあれ!
 「俺のつたない英語を理解するのは君たちの
 仕事だ!」ぐらいの精神でいこう。

  「 “英語は君たちにとっては第一言語だけど、
  俺にとっては第二言語なんだから、
  君たちが頑張って俺のつたない英語を
  理解しろ!” というふてぶてしいロジックで、
  アメリカ人と堂々と偉そうに話す。」

心得4. 英語学習は質より量
 英語は楽しんだもん勝ち。

  「(英語学習の)第1ステップは単語や
  基本的な文法など、基礎的な知識の暗記だ。
  (中略)英語の第2ステップで一番大切
  なのは質より量という単純明快な事実である。
  要は、第1ステップを乗り越えたあとは
  ただひたすらに英語と触れ合う時間を
  長くするという方法がもっとも効率的な
  学習法なのである。」

本書では、動詞と基本の文型から、
時制や助動詞、疑問詞など順番に英語の
型を学びます。

そこまでは、一般的な英語学習の本と同じ
ですが、基本例文はすべて筋トレをする
シチュエーションです。

  ・I love to lift weights.
  ・His body is covered with muscle.
  ・What is your favorite exercise ?
  ・Losing weight is not easy.
  ・I want to get a six pack, so I decided
   to go to a gym.

更に筋トレ好きのために、特別枠として、
「筋トレ英語」のコーナーを設け、
日常会ではあまり役に立たない単語や
フレーズを解説しています。

本書を読むと「筋トレに比べたら英語など楽勝」
と思えるようになるかもしれません。

この本から何を活かすか?

質より量をどうやって確保するのか?

Testosteroneさんは、英語字幕付きで
「海外ドラマ」を見ることを勧めています。

  「海外ドラマは “製作費を何十億円もかけた
  最高の英語教材” であり、これに敵う教材は
  ほかに存在しない。選ぶべき作品は
  『フレンズ』や『ゴシップガール』といった
  日常生活が中心のもの。」

見るときのポイントは、分からない単語や
表現の意味を片っ端から「調べない」こと。

主人公がよく使う言い回しや、何度も出てくる
表現など、どうしても「気になった場合のみ」
調べるのがいいようです。

私は『ゴシップガール』は、未視聴なので、
見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3341-884f66b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT