活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

なぜ高収入社長よりも、低賃金サラリーマンの方が人生のステージが高いのか?

満足度★★★
付箋数:19

サンライズパブリッシングさんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

  「あなたは、人生のステージを上昇させる
  確固たるレシピが存在するということを
  ご存知でしょうか? もしあるのなら、先に
  手に入れたいですか? それとも、自らの痛い
  経験によってレシピを編み出したいですか?
  そう、過去の私のように。
  私はこのレシピを知らなかったために、
  実体験で多くの失敗を積み重ね、試行錯誤
  しながら人生のステージを高めるレシピを
  自ら体得してきました。しかし、本書でご紹介
  する内容をあらかじめ知っていれば、より早く、
  より確実に人生のステージを高めることが
  できたと確信しています。」

本書は、あなたの人生のステージを上げるため、
あなたの現状と、5年後の未来を「見える化」
するための本です。

著者の滝内恭敬さんは、ビジネス仕組み化
コンサルタント。

自身もビジネスを自動化して、時間と経済の
自由を獲得している方です。

本書で言っている「人生のステージ」とは、
魂のステージのことではありません。

人生のステージの判断の尺度は「月収」。

ただし、基本はお金の話ですが、
必ずしも稼ぐ金額によってステージが決まる
訳ではないようです。

本書で紹介する、人生のステージを高める
レシピとは、「ウェルススペクトル理論」
というツールです。

これはアジアを代表するビジネスコンサルタントの
ロジャー・ハミルトンさんが考案した理論です。

ハミルトンさんは、著書の『才能は開ける
の中で、起業家向けのツールとして、
ウェルスペクトル理論を紹介しています。

この理論は、9つの富レベルから成り立っていて、
そのレベルごとの状態や、レベルを上げるための
課題が明示されています。

この理論で最初にすることは、今何をするか、
ではなく、今どこにいるのかを知ること。

目的地へ向かうための手段を知る前に、
「現在地」を知ります。

なぜなら、今どこにいるかによって、
どのような情報が活かせるのか、どのような
行動を取ればいいのかという、選択肢が大きく
変わってくるからです。

ウェルススペクトル理論の、9つのステージは
以下の通りです。

  紫外線レベル・・・レジェンドステージ
  紫レベル・・・統治者ステージ
  藍色レベル・・・業界のドンステージ
  青レベル・・・オーナーステージ
  緑レベル・・・経営者ステージ
  黄色レベル・・・起業家ステージ
  オレンジレベル・・・イケてる社員ステージ
  赤レベル・・・収支とんとんステージ
  赤外線レベル・・・収支マイナスステージ

このステージは、1つずつしか上がることは
できず、必ずしも上に行けばいいというもの
ではありません。

目的とするステージは自分で決めていい
ようです。

日本の一般大衆と呼ばれるそうの8割は、
「収支マイナスステージ」もしくは、
「収支とんとんステージ」に属していると
言われています。

ちなみに、「レジェンドステージ」に属するのは、
次のような方々です。

吉田松陰さん、松下幸之助さん、キング牧師さん、
スティーブ・ジョブズさん、マザー・テレサさん、
イエス・キリストさん、ブッダさんなど。

このステージまで来ると、富ではなく、
世の中を変え、後世に語り継がれる存在に
なった方々ですね。

レジェンドステージは、一旦置いておいて、
本書では、お金と時間の自由を手に入れる
人生の上昇戦略を滝内さんの経験も交え、
解説しています。

この本から何を活かすか?

「イケてる社員ステージ」から「起業家ステージ」
へ進む場合、次の4つの項目をチェックすると
いいようです。

 1. 会社員を続けながら、土日でスタートさせる
  ビジネスが決まっているか?

 2. 突然自分の商品を作るのではなく、
  立証された商品と出会っているか?

 3. 成功のスキル=「目標設定能力+行動計画を
  立てる能力」を習得しているか?

 4. 稼ぐスキル=「コンセプト×集客力×営業力」
  の中でも、特に営業力(販売心理学)が
  身についているか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3335-90eb62c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT