活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

あなたのキャリアをお金に変える! 「顧問」という新しい働き方

満足度★★★
付箋数:22

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、「顧問」と聞くと、どんな働き方を、
思い浮かべますか?

一流企業の役員クラスだった人が、リタイア後に
別の会社に天下り的に顧問としてやってきて、
月に1回くらいのペースで出社する。

やっていることと言えば、せいぜい社長の
茶飲み仲間として社長室でのんびりと話をする。

こういった顧問は、その人自身がやることよりも、
前職の会社名や役職、そして人脈が必要とされ、
「顔役」として重宝されていました。

実際に、本書の著者、齋藤利勝さんが44歳で、
サラリーマンを辞めて、顧問になったときも、
周りは次のような反応が多かったといいます。

 「会社を辞めて顧問? 楽して何やっているの?」
 「44歳で顧問だなんて、偉そうだ」

しかし、齋藤さんが顧問としてやっている
仕事の内容は、従来の顧問のイメージとは、
まったく異なります。

齋藤さんがやっているのは、プロフェッショナル
として企業に貢献する新しい顧問。

単なる顔役ではなく、企業の問題解決にあたる
エキスパートです。

従来の顧問とはっきり区別するために、
「実務顧問」と呼ばれることもあるようです。

また海外では、これに近いこ職業は、
「インディペンデント・コントラクター
(独立業務請負人)」という肩書になります。

本書は、これまでサラリーマンとして実務経験を
積んできた方に、その経験を活かした顧問という
働き方を紹介する本です。

特に、その道のプロとして結果が出せる顧問を
本書では「プロフェッショナル顧問」と
呼んでいます。

  「企業の抱える課題を解決に導くにあたり、
  プロとしての意識をどれだけ高く持ち、
  企業に貢献できるか。プロフェッショナル顧問
  はそこにこだわり、結果を出すことのできる
  人材です。」

このプロフェッショナル顧問の働き方を聞くと、
コンサルタントに近い印象を持つかもしれません。

しかし、プロフェッショナル顧問は、
コンサルタントよりも、より深く直接的に
企業の事業に参画します。

調査、分析、解決策の提示だけに留まらず、
課題解決が実現するまで、企業のメンバーと
一緒に実務にも一緒に携わります。

顧問の方が得る収入は、契約先の数によって
異なりますが、サラリーマン時代の収入を
上回る方も多いようです。

そんな新しい働き方があるとしても、
自分にプロフェッショナル顧問が務まるのか?

こんな疑問を抱く方も多いことでしょう。

齋藤さんは、長年真摯に実務経験を
積んできた人であれば、何かしら提供できる
スキルがあるはず、と言っています。

一定の期間サラリーマン務めをしてきた方なら、
誰でもプロフェッショナル顧問になれる
可能性があるのです。

そして、実務のエキスパートとしての顧問は、
企業側から見ても、コンサルタントや中途採用
よりもリスクが低く、コストもかからないため、
かなりニーズもあるようです。

当然、ニーズがあるプロフェッショナル顧問でも、
成功する方もいれば、失敗する方もいます。

その違いは、自分の強みを発見し、
活躍するための「戦略」を立てているかどうか。

自分のキャリアを十分に「棚卸し」して、
強みを活かす分析が必要となるのです。

本書では、「齋藤式分析ツール(Sツール)」
を紹介して、あなたがプロフェッショナル顧問
として生きていくためのサポートを行います。

本書は、これからの時代の新しい働き方を
提供してくれる、興味深い本だと思いました。

この本から何を活かすか?

分析ツールで、自分が顧問としてやっていく
分野や戦略が決まったら、次にどうするのか?

顧問として働く第一歩は、
「派遣会社」に顧問登録することです。

本書では、顧問登録のプロセスから、
顧問先決定までの流れを詳しく解説します。

また、齋藤さんは、新しい顧問業の裾野を
広げるために、2017年に非営利団体の
「プロフェッショナル顧問協会」を
設立しています。

同協会では、顧問として活躍できる人材を
育成するために、「顧問塾」も立ち上げて
フォローを行っているようです。

ご興味のある方は、リンク先もご覧ください。
プロフェッショナル顧問協会

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3318-38c16898

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT