活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、自分の脳を意識的に休めるなどの、
「脳のケア」をしていますか?

今の世の中で働いていると、多かれ少なかれ、
いろいろな事を同時に行う「マルチタスク」
が求められます。

マルチタスクが習慣になると、
集中力が低下し、深く考えて物事に取り組む
ことがどんどん苦手になっていきます。

大量の情報を浅く読み飛ばしているうちに、
いつのまにかしっかり考えることが
できなくなってしまうのです。

しかし、定型化できる仕事がAIに移っていくと、
浅い思考しかできない人間は不要になります。

こらからのビジネスでは、脳をケアする人
だけが生き残っていけるのです。

  「 “ブレインフィットネス” とは、脳の健康な
  状態を維持するために行う総合的な取り組みの
  ことです。フィットネスという言葉は、
  一般的には、体を健康な状態にするために行う
  運動のことを指しますが、そこに脳(ブレイン)
  という言葉を加え、脳の健康な状態を維持する
  ために行う様々な取り組みやアプローチの
  ことをこのように呼んでいます。」

本書は、脳を総合的にケアして健康を保つ
ブレインフィットネスについて解説した本です。

株式会社イノベイジは、若いビジネスパーソン
から中高年の方を対象に、脳疲労やストレスを
解消し、認知機能を長期的に維持していく
ことを目的とした脳トレーニングジム
「ブレインフィットネス」を運営しています。

本書は、ブレインフィットネスの科学的根拠
とノウハウを書籍化したもの。

著者はブレインフィットネスのプロデューサー
髙山雅行さんと、脳科学者の杉浦理砂さんです。

杉浦さんは、株式会社イノベイジで
ニューロサイエンスラボのディレクターも
務めています。

ブレインフィットネスを実践すると、
脳が不健康な状態から脱し、次のような効果が
得られると説明されています。

  ・記憶力や思考力が高まる
  ・アイディアが湧きやすくなる
  ・前向きな気持になれる
  ・意欲に満ちた日々を送れるようになる
  ・感情のコントロールをしやすくなる
  ・集中力が高まる

では、具体的にブレインフィットネスは
どのように行うのか?

ブレインフィットネスの行う脳への取り組みは、
「総合的」であることがポイント。

ひとつのことだけを集中的に行うのではなく、
多方面からアプローチして、総合的に脳の
健康を維持します。

その総合的アプローチを「習慣」として
続けることを目指します。

本書では、7つのカテゴリーに分けて、
ブレインフィットネスの方法を解説します。

 運動・知的刺激・食事・睡眠・ストレスケア・
 その他の生活習慣・社会交流

それではこの中から、脳の健康を維持する
ための代表的な「運動」を紹介しましょう。

 1. 下半身を中心とする筋トレ

  十分な血液を脳に届けるために、ポンプとして
  押し出す役割の下半身の筋肉を鍛えます。

 2. 有酸素運動で海馬の体積を増やす

  有酸素運動を継続的に続けると、記憶を司る
  海馬の体積が増えたという研究結果があります。

 3. 1日8000歩のウォーキングと20分の
 中強度の負荷の運動(早歩きなど)をする
 
  心拍数が最大心拍数の50%~70%程度の
  息切れする程ではないが、少し激しいと感じる
  運動が体にも脳にも良い影響をもたらします。

ここだけ切り取ると、実践することは
それほど難しくないように思えますが、
総合的にアプローチすることが、
個人では難しいように感じました。

この本から何を活かすか?

「パワーナップ(短い仮眠)」は科学的に
有効性が認められています。

ただし、ただの昼寝とは違うため、
間違ったやり方で行うと、逆効果になる
こともあるようです。

注意事項は以下のとおりです。

  ・正午から15時までの間にとる
  ・眠る時間は30分以下
  ・カフェインを摂ってから眠る
  ・自分にあった落ち着ける場所を見つける

カフェインは、起きたタイミングで
丁度、覚醒するように摂るようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3304-d96801be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT