活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ムダゼロ会議術

満足度★★★★
付箋数:27

日経BP社の日野さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

なぜ、SMAPは打ち上げに木村拓哉さんを
呼ばなかったのか?

2016年12月、誰もが国民的アイドルと認めた、
SMAPが解散しました。

その年の大晦日。

毎年のように出場していたNHK紅白歌合戦に、
彼らの姿はありませんでした。

そのとき、彼らはどこにいたのか?

各メディアでも報道があった通り、彼らは都内の
高級焼肉店で打ち上げパーティーを開いていました。

集まったのは、リーダーの中居正広さん、
稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さん、
それに元メンバーの森且行さんの5人でした。

その宴には、木村拓哉さんはいませんでした。

本書の著者、横田伊佐男さんは、木村さんが
いなかった理由に、次のような仮説を立てました。

  「グループ解散の節目に打ち上げを企画したのは
  リーダーの中居正広氏。中居氏は、元メンバーの
  森氏には声を掛けたが、木村氏には声を
  掛けなかった。なぜななら、木村氏を呼んで
   “数” を揃えるより、1人欠けてでも雰囲気を
  守る “和” を重視したのではないだろうか。
  (中略)大晦日に集まる目的が “形式上の集合” 
  ではなく、 “最後に笑いあって終わること” だと
  すれば、中居氏の判断は適切ではないだろうか。」

本書は、ムダにあふれた「メタボ会議」を
なくすための本です。

なぜ、会議本なのにSMAPの打ち上げの話を
したかと言うと、ここに学ぶべきことが
あるからです。

ダメな会議の1つの特徴は、「なぜ、あの人が?」
と思える、不要な人が集まっていることです。

会議を招集する役目の人は、
明確な意志を持って木村さんを呼ばなかった、
中居さんから学ぶ必要があるのです。

しかし、SMAPの場合は、これから木村さんと
一緒に仕事をしなければ問題ありませんが、
会社の会議では、不要な人でも呼ばないと、
軋轢が生じてしまう可能性があります。

会議のことを全く知らせず、後から、
「それ、聞いてないよ」となるのが最もマズイ。

では、呼びたくない人に、どのようにして、
「仲間はずれ感」を感じさせずに、
会議への参加を断ったらいいのでしょうか?

すれ違いの立ち話でもいいので、たった10秒、
口頭で次のように伝えます。

  「あ、あの件ですが、関係当事者だけで
  打ち合わせしておきます。ご多忙かと思います
  ので結果だけ共有させていただきますね。
  何かありましたご意見いただけますか」

そして、会議が終わった後は議事録を
メールで送っておけばいいのです。

本書は、すべてのビジネスパーソンが抱える
会議の悩みを解決します。

会議の悩みとは、次の4つに集約されます。

  ・会議の時間が長い
  ・会議の中身が薄い
  ・会議で何も決まらない
  ・会議で発言がない

これらの悩みを解決して、あなたの職場の
「長くて薄い会議」を「短くて濃い会議」へ
変貌させます。

実は、そのノウハウは極めてシンプルです。

本書の会議術の幹となるエッセンスは、
たった「紙1枚」に集約できます。

  「 “紙1枚” だから、朝、通勤電車の中で
  読んだら、午後から使える “即効性” がある。
  ぜひ、さくっと読んで、その日の会議から
  早速試してほしい。すぐに試してもらいたい
  のは、筆者の経験からくる想いだ。
  経験上、1つ言えることがある。
   “会議” が変われば、 “人生” が変わる。」

私は、最初は横田さんのこの発言に
「ちょっと、オーバーじゃないか」と懐疑的
でしたが、読んでみると考えが変わりました。

本書のノウハウは本当に即効性があると
感じました。

僅か、1400円の投資と2時間を割くだけで、
すぐにでもダメダメ会議が改善します。

本書は、すべてのビジネスパーソン必読の書。

私は幸運なことに献本でいただきましたが、
この本の中身を知っていれば、間違いなく、
お金を出して買っていました。

この本から何を活かすか?

  会議の議題に「?」をつけているか?

短く濃い会議にするためのポイントの1つは、
「議題」の設定の仕方です。

会議とは、議題(問い)に対し、答えを出すもの。

つまり、答えを出すためには、議題自体は、
「問い」になっていなければなりません。

議題を疑問文にして「?」をつけるだけで、
答えを出すための議論ができるようになるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会議術・ファシリテーション | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3291-e0fef040

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT