活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

脳が教える! 1つの習慣

脳が教える! 1つの習慣
脳が教える! 1つの習慣
(2008/07/05)
ロバート・マウラー 商品詳細を見る

満足度★★★

  「千里の道も一歩から」

この考えに則り本書では、小さな改良を継続して行い、
それを習慣化することを目指しています。

著者のロバート・マウラーさんは、脳の特性に基づいて、
わたしたちの夢が実現できるよう、
本書では戦略的に指導してくれます。

とかく私たちの脳は、新しいことや変化に対しては、
拒否したり恐怖心を抱く習性があるようです。

ですから、最初のステップのポイントは、
“脳に気づかれないくらい、すごく小さな一歩”から始める
ことにあります。

本書では、行動を変えたいときにとどまらず、
思考や精神を変えたいときにも、同じ方法を採用しています。

大きな事を成し遂げるにも、小さな一歩の積み重ねですから、
本書の示すやり方は、理にかなった方法と言えるでしょう。

ただ、これは私だけの問題なのかもしれませんが、
小さく積み上げていっても、ちょっとしたアクシデントや
環境の変化で、積み上げてきたものが、あっという間に崩れ去り、
また一からやり直すことが、多々あります。

その辺の対処方法に、もう少しページを割いてくれると、
目標を達成できる確率が、もっと上がるような気がしました。

また、重箱の隅をつつくようで申し訳ありませんが、
監訳者の言葉の中で本田直之さんが、
「7%の金利で、7年間複利運用すると資産は倍になる」と
書いているのも、ちょっと気になりました。

これは明らかな間違えで、7%の金利だと倍になるには、
10年(これでも正確には倍に満たない)かかります。

私の持っている初版本では、この部分で“複利”を“福利”と
誤植していたのと相まって、ちょっと残念に思いました。

この本から何を活かすか?

「もっと健康になるために、あなたにできる小さな一歩は?」
というテーマで本書に示されていた例は、
「体重を落とす」でも、「もっと運動する」でもありません。

とにかく、“くだらないと思えるほど小さな一歩”から始める
ということで、「チョコレートを食べない」でも、まだ大き過ぎ。

本書の示す、小さな一歩は、
「チョコレートは食べる、だが最初の一口は捨てる」です。

これを見習って、私は今このブログを書いているときに、
つまんでいる“かりんとう”を一本減らしました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 10:50 | comments:2 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

前からそうだったのかもしれませんが、
ここしばらく目にする脳の本には、
たいていこの小さな一歩のことが書かれている気がします。
性格にもよるんでしょうけど、ぼくには向いているようです。

脳は命令より質問が好き、というのも目からウロコでした。
ただ、例にあがっている質問の中には、これが小さな質問か、
と思わせるものもあるように思います。

| kenn | 2008/08/30 18:45 | URL | ≫ EDIT

kennさん

私にも、小さな質問と思えない例がありました。

大小の感覚は個人でかなり異なりますから、
あくまでも自分の脳が拒否しない程度の小さい
ステップに分割してから始めるのが
ポイントということでしょうか。

| ikadoku | 2008/09/01 08:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/328-94ef643f

TRACKBACK

『脳が教える! 1つの習慣』

どうすれば成功するのか?  どうすればその成功を維持できるのか? そのためのシンプルな方法を教えてくれる。  前にも書いた気がするが...

| serendipity | 2008/08/30 18:39 |

脳が教える1つの習慣

脳が教える! 1つの習慣(2008/07/05)ロバート・マウラー商品詳細を見る ■感想 人間の脳は単純だと思う。ひとつふたつのスイッチを押すだけで人...

| hobo-sickboy- | 2009/03/25 05:24 |

脳が教える!1つの習慣 ロバート・マウラー(著) 本田直之(監訳) 中西真雄美(翻訳)

◆脳が教える!1つの習慣 本田直之(監訳) ◆One Small Step Can Change Your Life! 直訳だと「小さいことからコツコツと」といったところか。 脳科学を理解して行動すれば、無意識のうちに目標に到達できる。 知っているか知らないかで、人生に大きな格差が生じる「...

| ビジネス本でバージョンアップ 2.0! | 2009/08/28 06:01 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT