活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

シリコンバレー式最高のイノベーション

満足度★★★
付箋数:24

ダイヤモンド社の平城さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「あなたが経営者であっても、誰かの下で働いて
  いるとしても、イノベーションを起こさなければ、
  この世界で競争に勝ち続けることはかなわない。」

過去のやり方が、通用しなくなっています。

テクノロジーが進化し、ビジネス環境が急激な
速さで変化する時代においては、今までやってきた
ことの延長線上に、未来はありません。

ありとあらゆる企業が生き残りのために、
「イノベーション」を最優先課題としています。

しかし、イノベーションは簡単には生まれません。

多くの企業が、イノベーションを起こせず、
苦しみ、もがき、失敗を重ねています。

ところが、イノベーションを次々と生み出して
いる地域があります。

言わずとしれたシリコンバレーです。

古くは、インテル、ヒューレット・パッカード 、
少し前だと、アップル、Google、Facebook、
最近だと、Uber、Airbnbなどがシリコンバレー
から誕生しました。

なぜ、シリコンバレーでは多くのイノベーション
が生まれるのでしょうか?

その答えは、本書の中にあります。

著者は、ファウンダーズ・スペース社代表で、
シリコンバレー業界団体組合議長を務める
スティーブン・S・ホフマンさん。

ホフマンさんは、シリコンバレーで自ら数社の
スタートアップを成功させた後、現在では
世界22ヶ国でスタートアップを支援する
アクセラレーターとして活躍される方です。

イノベーションを語る本が、書店に行くと何冊も
並んでいますが、本書は既存の本と違います。

  「世の中にはイノベーションの本がごまんと
  あるけれど、シリコンバレーのインキュベーター
  の中にいる人たちが使っているプロセスや手法を
  公開して、こうしたテクニックをどんな会社でも
  使えることを示した本が、これまでになかった。」

本書は、シリコンバレーで起きている
イノベーション成功の秘密を解説した本です。

ちなみに、インキュベーターはアイディアを
ビジネスとして成功させるためにチームを集め、
資金とリソースを募り、人脈構築などの支援を
行います。

アクセラレーターは、すでに存在する初期段階の
スタートアップ企業を引き入れて、その成長を
加速するために指導を行い、リソースや人脈や
研修や資金を提供します。

ホフマンさんは、このインキュベーターも
アクセラレーターも両方を行っているので、
イノベーションを起こすための秘訣を知って
いるのです。

では、イノベーションを起こすには、
画期的なアイディアや、最先端のテクノロジー
が必要なのでしょうか?

実は、そんなことはありません。

すべてのイノベーションは過去の何かの
「パクリ」から始まったと、ホフマンさんは
指摘します。

ただし、偉大な起業家はパクるだけでなく、
それを自分のものにするのです。

Facebookのマーク・ザッカーバーグさんや、
テスラのイーロン・マスクさんも最初は
パクったところから始めました。

また、華々しい成功を収めてたスタートアップが
利用したテクノロジーは、たいてい既存のものか、
オープンソースです。

イノベーションを起こすために、必ずしも
独自のテクノロジーが必要なわけではありません。

実際にテクノロジーの恩恵を受けるのは、
それを生み出した会社や個人ではなく、
そこにビジネスチャンスを見出し、
飛びつく起業家だけが、利益を得るのです。

本書には、イノベーションを起こすために、
必要なポイントが網羅されています。

豊富な事例を用いて解説されているので、
ビジネスに応用できるヒントが満載されています。

  第1章 イノベーションのカギは多様性と模倣
  第2章 小さく、少なく始める
  第3章 イノベーションのコツを知る
  第4章 コアの強みを活かし、価値を提供する
  第5章 不安要素を取り去る
  第6章 大きなリスクを取って大胆に挑戦する

この本から何を活かすか?

  「大きなイノベーションはいずれも、
  人々が既にやっていることや考えていることが
  元になっている。」

必要なのは、ある分野のアイディアを
借りてきて、別の分野に当てはめること。

そのためにホフマンさん自身は、
自分にほとんど馴染みのない分野の新しい本を
探すことを習慣としているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3264-31296d10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT