活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

論理的な人の27の思考回路

満足度★★★
付箋数:23

フォレスト出版の三上さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「私はパズル作家として数万以上のパズルを
  つくり、多くの思考パターンと向き合ってきま
  したが、パズルは身近にあるエンターテイメント
  でありながら、論理的思考を身につけるツール
  として優れています。
  なぜなら、パズルを解く際は “理由” → “結論” 
  という論理的なステップを踏まなければ
  ならないからです。 “理由” は、今まで培って
  きた知識の中から見つけ出さなければならず、
  なおかつ論理的な矛盾がないことが必須と
  なります。」

本書は、パズルを解くことで論理的思考力を
身につける本です。

「ロジカルシンキング」ブームがあったので、
書店に行くと、論理力をテーマにした本は、
数多く並んでいます。

しかし、論理的思考力は本を読んだだけで、
簡単に身につくものではありません。

一定のトレーニングを積む必要があります。

そのためのツールとして、本書では、
論理的思考力が要求される「パズル」を
使います。

著者の北村良子さんは、プロのパズル作家です。

10万部突破のベストセラーになった
論理的思考力を鍛える33の思考実験』の
著者としても知られている方です。

北村さんは、問題を解決するための着眼点を
「7つのセオリー」としてまとめています。

その着眼点を身体に染み込ませるために、
パズルを体系的に解いていきます。

<問題解決の7つのセオリー>

 1.シンプル化:もっと単純化して考えられないか?
 2.発想の転換:別の見方ができないか?
 3.代入:他のものに置き換えられないか?
 4.比較:AとBを比較することで何かが見えないか?
 5.視点の憑依:ユーザーや相手の視点で考える
  ことで新たな発見ができないか?
 6.組み合わせ:今までに存在するアレとコレを
  組み合わせたら新しいものにならないか?
 7.消去法:最善のものを選択するために消去
  できるものはないか?

例えば、「視点の憑依」を身につける初級問題
として「帽子パズル」が紹介されていました。

  緑の帽子が2つ、黒い帽子が2つあります。
  この帽子のうち、1つを隠し、残り3つを
  北島、今野、里田の3人に自分の帽子の色が
  見えないように被せました。
  つまり自分の帽子の色はわかりませんが、
  他の2人の帽子の色はわかる状態です。
  今回、北島と里田が緑の帽子、今野が黒の帽子
  を被っています。
  先に、自分の被っている帽子の色がわかった
  人には手を挙げてもらいます。
  3人のうち誰が先に手を挙げたでしょうか?
  (少し設定を簡略化して掲載)

これは「帽子パズル」の基本的なルールを
理解するために出題された最も簡単な問題です。

このパズルのポイントは、それぞれの人の
立場になったつもりで、論理力や多角的思考力
を使って、想像力を膨らませること。

この問題の解答は、後ほど。

本書の特徴は、チャートを使って思考回路を
視覚的に追うことで、答えまでの「道筋」を
見つけることにあります。

チャートには、間違う場合の道筋も記されて
いるので、自分がどこで躓いたかが一目瞭然に
なるように工夫されています。

掲載されているパズルは全部で27問。

純粋にパズルを解くことが面白いですし、
こんな解法があるのかという驚きもあります。

パズルを楽しみながら、論理的思考力を
身につけられるので、非常に有り難い本です。

この本から何を活かすか?

さて、「帽子パズル」初級編の解答です。

先に自分の被っている帽子の色がわかったのは、
黒い帽子を被っていた「今野」です。

自分の帽子と隠された帽子の色はわかりませが、
他の2人の帽子の色は見えています。

 北島視点→緑1つと黒1つが見える
 里田視点→緑1つと黒1つが見える
 今野視点→緑2つが見える

今野だけは、緑の帽子が2つ見えるので、
隠されているのは黒で、自分が被っているのも
黒しかないことがわかります。

一方、北島と里田の2人は、今野が手を挙げた
動きをが条件に加えられた時点で、
自分の帽子の色を特定できるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3249-9d40362c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT