活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

仕事のパフォーマンスが劇的に上がる食事のスキル50

満足度★★★
付箋数:24

あなたは、集中力が切れたときに、
「ブドウ糖は脳のエネルギー源だから」という
理由で、飴やチョコレートなどの甘いものを
口にすることはありませんか?

私たちは、幼い頃から「脳が疲れたら甘いもの」
と刷り込まれてきたので、そう考えるのも
自然なのかも知れません。

しかし、この常識は間違っています。

  「脳のエネルギーはブドウ糖だけだから、
  集中力が切れたら、 “ブドウ糖=甘いもの” 
  を食べる。
  この行為は、さらなる集中力の低下をもたらす
  残念な選択です。」

ブドウ糖が、かえって集中力の低下を招く
メカニズムは次のようになっています。

ブドウ糖を摂取すると、血糖値が急激に上がる。

すると、それを下げるために膵臓から大量の
インスリンが放出される。

その結果、今度は急激に血糖値が低下する。

すると、集中力が欠如する、疲労感を覚える、
イライラする、眠気をもよおすといった
ことが起こる。

つまり、飴やチョコレートなどの甘いものを
食べると、血糖値の乱高下が起こってしまい、
余計に集中力がなくなってしまうのです。

でも、疲れているときは、身体が甘いものを
必要としているのでは?

こう考える人もいるかもしれません。

しかし、「身体が欲している=身体に必要」
というのも大きな勘違いです。

確かに、甘いものを身体が欲していることは
ありますが、それは必要としているのではなく、
単なる「依存」の可能性が高いのです。

毎日、甘いものを口にしているうちに、
砂糖や小麦粉の「中毒」に陥ってしまって
いるのです。

よく糖質はダイエットの大敵と聞きますが、
仕事のパフォーマンスにも影響するのです。

さて、本書はビジネスパーソンが仕事の
パフォーマンスを上げるための食事について
書かれた本です。

著者は、数々のトップアスリートをサポート
しているカリスマ栄養管理士の川端理香さん。

川端さんは、これまでオリンピック代表チーム、
プロ野球・Jリーグの選手、ラグビー日本代表、
プロゴルファーなど多くのアスリートの
栄養サポートを行ってきました。

  「アスリートは、身体づくり以外の分野に
  関しても、食事によってパフォーマンスを
  上げているのです。そしてこのノウハウは、
  ビジネスパーソンの仕事のパフォーマンスを
  上げるためにも大きな効果を発揮します。
  本書では、日々アスリートをサポートしている
  ノウハウを、ビジネスパーソン向けに
  カスタマイズしてお伝えしていきます。」

ビジネスでも成果を上げるためには、
常に最良のコンディションを保っておく
必要があります。

そのためには、食生活を改善することが
最も効果的なのです。

食事には、特別な才能や資質は必要ありません。
行動すれば、必ず成果を得ることができます。

川端さんは「食事には人生を変える力がある」
とも言っています。

実際に、身体に必要な栄養素をきちんと
摂れている人は、本当にごく僅かしかいない
ようですから、一度、本書でしっかりと学ぶ
ことは必要だと思います。

 第1章 なぜ、食べ物を変えると人生が変わるのか?
 第2章 集中力を上げる食事
 第3章 思考力・判断力を上げる食事
 第4章 疲労回復に効く食事
 第5章 メンタルを整える食事
 第6章 サプリメントの正しい使い方

この本から何を活かすか?

エナジードリンクは、疲れを増大させる?

エナジードリンクには、ビタミンB1を
はじめとするビタミンB群やアミノ酸など、
疲労回復に効果がある栄養成分が多量に
含まれてします。

しかし、実際にこういったドリンクを飲んで
元気になるのは、カフェインが含まれているから。

カフェインの覚醒効果で、一時的に元気に
なったような気がしているだけなのです。

また、エナジードリンクが謳っている
疲労回復効果は、食事から簡単に摂ることが
できるようです。

例えば、栄養素としてよく聞く「タウリン」は
タコやイカの刺身から摂れるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3244-72632643

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT