活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

世界で働く人になる! 実践編

満足度★★★
付箋数:21

  「世界で働く力とは、柔軟性とたくましさ、
  自由を持ち、環境を選ばず、強く生きる力のこと。
  そして、それは本人の意志次第で、どのような
  形にも磨きあげることができるものです。
  これは20歳で生まれて初めて、アメリカへ
  海外留学した時、10年以上現地に滞在しないと
  言葉は分かるようにならない、とどこかから
  聞きつけてきて、一人絶望していた当時の
  自分に伝えたいことでもあります。」

本書は、日本人がグローバルな環境で
たくましく働き、生き抜いていく際に役立つ
実践的なコツをまとめた本です。

著者の田島麻衣子さんは、国連世界食糧計画
(国連WFP)の職員。

現在は南アフリカ地域事務所を拠点に、
国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成の
ためのモニタリングを主導している方です。

田島さんは、「非帰国子女」でしたが、
試行錯誤の末、英語と人づきあいのコツを
身に付け、国連機関の職員になりました。

その過程を描いたのが、2014年12月に刊行した
前著、『世界で働く人になる!』です。

国際社会で役立つ、人づきあいのコツと、
英語の学び方がわかる本として好評でした。

それから4年が経ち、田島さんが住んだ国は
さらに増えて9カ国になりました。

また、田島さんは1児の母となり、
以前とは違った働き方も求められるように
なりました。

本書は、『世界で働く人になる!』の続編として、
世界で働くための土台を用意して、
いよいよ実際に行動を起こそうとする人の
ために書かれた本です。

内容は、大きく3つの章で構成されています。

第1章では、「世界で働く人」が持っている
基本的な8つの考え方を示します。

  「違いは違いとして受け入れる」
  「人生に対する希望を諦めない」
  「仕事と人格を切り離す」
  「自分の使命を問い続ける」

ここで示されている考え方は、必ずしも
海外で働くときや、外国人と一緒に働くとき
だけでなく、普通に国内で働く際にも
必要な考え方だと思います。

第2章では、グローバルな職場環境で生き抜く
ための12のコツが示されています。

特に、田島さんの失敗談が多く語られていて、
非常にスッと入ってくる内容です。

この章では、英語が思うように出てこないときの
対処法や、英語力をカバーしながら仕事で
成果を出す方法なども語られています。

第3章では、これからのワークライフバランスの
あり方に関する6つのヒントが書かれています。

田島さん自身の役割の中で、「母親」が
加わったのが、前著からの一番大きな変化です。

だからこそ、より柔軟に、よりしなやかに
仕事と生活のバランスを取ることが必要と
なりました。

この章では「サバティカル休暇」の創り方や、
多様なパートナーシップのあり方などの
新しい選択肢を示しています。

田島さんが、人生の中で仕事や家族を
どう位置付けるかについて、大きく悩み、
試行錯誤した結果がまとめられている
かなり気持ちの入った章になっています。

本書で田島さんが示す考え方は、国連の職員
という特殊な環境でなくても十分に活かせる
ものばかりです。

これだけ変化のスピードが早い世の中になると、
日本で生活していても、環境に左右されずに、
高い柔軟性を持った働き方は求められます。

本書は、自分の価値観を広げる意味でも
役に立つ本だと感じました。

この本から何を活かすか?

田島さんは、同じ英語力でも、思うように英語が
出てくる人と、出てこない人の違いは、
「直訳へのこだわり」だと指摘しています。

必要なのは、分からない表現があっても、
自分の知っている単語をフル活用して、
言いたいことを伝えようとする意志です。

本書では、的確な表現が思い浮かばないときの
言い換えのテクニックが紹介されていました。

その1つが、「言葉の因数分解」です。

例えば、「免疫=immunity」を知らなかった場合、
「免疫とは何か」を考えます。

これは簡単に言うと「病気に抵抗する力」です。

そこで、「病気」disease、「抵抗する」resist、
「能力」abilityの3つの単語を使って、
免疫=the ability to resist a diseaseと表現する
ことができます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3243-a6e1b50e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT