活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

UPSTARTS UberとAirbnbはケタ違いの成功をこう手に入れた

満足度★★★★
付箋数:27

2009年1月20日、ワシントンDC。

第44代アメリカ合衆国大統領、バラク・オバマさん
の就任式には、その歴史的瞬間を一目見ようと、
200万人近い人が集まっていました。

その中に、当時はまだ、ほとんど無名だった、
2つのグループが参加していました。

1組目は、ブライアン・チェスキーさん、
ネイサン・ブレチャージックさん、
ジョー・ゲビアさんの3人組です。

もう1つは、ギャレット・キャンプさんと
トラビス・カラニックさんの2人組です。

本書の2つの物語は、オバマ大統領就任式の
熱狂の日から始まります。

9年経った現在でも、この5人の名前を
聞いただけで、ピンと来る人は、
日本ではあまり多くないかもしれません。

実は、この2つのグループは、今をときめく
企業のアントレプレナー(創業者)です。

前者は、世界192カ国の33,000の都市で
80万以上の宿を提供している民泊サイトの
エアビーアンドビー(Airbnb)。

後者は、世界70カ国・地域の450都市以上で
展開する自動車配車ウェブサイトおよび
配車アプリを提供するウーバー(Uber)。

  「技術革新の大波を生み出したわけでは
  ないが、この8年間、だれよりも上手に
  この大波に乗り、利用してきたのが
  ウーバーであり、エアビーアンドビーである。
  売上高で見ても、市場価値で見ても、
  従業員数で見ても、両社ほど急速に成長した
  スタートアップはまずない。
  サンフランシスコの一角、1~2キロメートル
  しか離れていない場所に本社を置く両社は、
  インターネット史における第三の波を
  象徴する物語を紡ぎ出した。
  イノベーションによってデジタル世界が
  現実世界をもカバーしていくポストグーグル、
  ポストフェイスブック時代の物語だ。」

今、最も勢いのあるこの2社は、
設立した年や場所が近いだけでなく、
似ている点が他にもあります。

どちらも、グーグルやフェイスブック
のように高潔な目標を掲げて、
設立されたわけではありません。

最初はただ、自分たちの不満を解消したり、
ちょっとした小遣い稼ぎをしたかっただけです。

また、2社とも車に同乗するとか、家を貸すなど、
古くからあるアイディアに若干のひねりを
加えただけで、それまで接点のなかった人を
つなぎ、オープンな世界を生み出しました。

そして、両社とも、ほぼ常に論議を
巻き起こしてきました。

既得権者から大反対され、既存の法律や
規制の枠には収まりきらず、数多くの訴訟も
起こされてきました。

しかし、そんな混乱を巻き起こしながらも、
両社が急成長できたのは、利用者のニーズを
確実に捉えたからです。

ウーバーとエアビーアンドビーは、
いかにして、成功を掴んだのか?

この2社はどのような人物が創業し、
成功するまでに、どんなドラマがあったのか?

本書は、「シリコンバレーの破壊者」とも
呼ばれる2社の創業からの歴史を綴った
貴重なドキュメンタリーです。

著者は、『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』が
ベストセラーになったブラッド・ストーンさん。

ストーンさんは、2社の創業者を含め、
多くの関係者にかなり入念に取材を行い、
本書を執筆しています。

ウーバーとエアビーアンドビーの2社は、
同じ時代の中で、まるで呼応するように
成長します。

しかし、それぞれの創業者は、
最後には180度違った運命を迎えるところが
本書の醍醐味の1つです。

井口耕二さんの翻訳も、素晴らしく、
日本語として全く違和感なく読めます。

私が今年読んだ本の中では一番面白く、
読んで損のない、オススメの一冊です。

この本から何を活かすか?

本書のタイトルは「UPSTARTS」。

辞書には、次の意味が掲載されています。

 アップスタート(名詞)

 1. 最近成功した人物や事業など
 2. なにがしかの活動を始めたり成功を収めたり
   した人物で、経験豊富な年長者や確立された
   手法をあまり尊重しない者

本書の主人公の1人で、最もアクの強い
ウーバーのトラビス・カラニックさんは
まさにアップスタートな人物の象徴です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3222-7e1dcbad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT