活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

不安な未来を生き抜く最強の子育て

満足度★★★
付箋数:24

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「本書は現在進行中の一連の教育改革、
  中でも特に影響の大きい、2020年からの
  大学入試改革を前に、どのように子どもの
  教育に取り組んでいけばいいかについて
  佐藤先生と私で語り合いたいと思います。」

本書は、作家・政治家・社会活動家の
井戸まさえさんと、知の巨人として知られる
佐藤優さんの3冊目の対談本です。

お二人は、これまで『子どもの教養の育て方』、
小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識を
いっきに身につける
』の2冊の教育関係本を
刊行しています。

しかし、大学以上の高等教育について、
中心的に論じたのは今回が初めてです。

以前から、日本の教育は変えなければ
ならないと言われ続けてきました。

しかし、何度となく教育改革を試みても、
実際のところあまり大きく変わりませんでした。

なぜなら、これまでの教育改革は大学入試と
連動していなかったからです。

  「要は日本の学校教育が大きく変わるのは
  大学入試が変革したときだけなんです。
  それは過去に2回あって、一度目は戦後
  おこなわれた旧制高校から新制大学への改編、
  二度目は1979年、今のセンター試験の前身
  となる共通一次試験。今回はこれらに次ぐ
  大きな改革になってくるから、これは注意深く
  見ていく必要があります。」

佐藤さんの言葉を借りると、今回の教育改革は
「日本社会のOSの大転換」に相当します。

実際に、いつまでも40年前の教育システムを
マイナーチェンジしているだけでは、
グローバル化やAIなどテクノロジーの発達に
よる社会の変化について行けません。

  「もし、この改革がうまくいけば、
  ざっくりいって10年後に社会人になる連中は、
  新しい、要するにバージョンアップしたOSに
  なるわけです。
  まもなく小学生からプログラミングを授業に
  取り入れるようになるし、 “文理融合” も
  進むから、文系でもプログラミングとか、
  アルゴリズムとかがわかる子どもたちが
  普通に出てくる。そうすると、今の大学生
  というのは、最後の古いOSで、つまり
  Windows98みたいなのを使わされている
  ようなもの。だから、もう少したつと
  アプリが動かなくなるかもしれない。」

2020年の大学入試改革の流れを受けて、
幼稚園から大学まで、さまざまな指導要領や
制度が更新されようとしています。

親世代の持つ、過去の成功体験や常識は
通用しなくなるどころか、大きな足枷に
なってしまう可能性もあるのです。

大きく変わる社会を生き抜いていくために、
子どもをどのように育てたらいいのか。

本書は、そんな不安や疑問に答える本です。

これから導入される「大学入試共通テスト」が
今のセンター試験とどう違うかについては、
新聞やネットの情報でも十分にわかることです。

しかし、そういった表面的なことではなく、
根底にある本質的な変化について
お二人は本書で語り合っていますから、
子を持つ親としては、読んでおくべき本
だと強く感じました。

我が家の例では、2019年の大学入試改革前に
子どもが受験を終える予定です。

つまり、旧OSで受験する最後の世代に
なるわけですが、大学に受かる受からない
というレベルの話ではなく、新OSに比べて
何が足りないかがよくわかりました。

新しい教育制度は、新OSで育つ本人にとっては、
それが当たり前になるので、旧OSで育った世代
にこそ必要な本だと思います。

  第1章 戦後最大級の大学入試改革を迎え撃て
  第2章 「4技能」時代に勝てる語学力の身につけ方
  第3章 大学受験改革後、価値ある大学に進むには?
  第4章 卒業後の人生を分ける、大学での学び方
     の極意
  第5章 佐藤優が直伝!子どもの学力をグンと
     伸ばす方法
  第6章 教育とお金の問題
  第7章 あなたの子どもはAI時代を生き残れるか
  第8章 自立できる子ども、できない子ども

この本から何を活かすか?

本書で、良い進学先として推奨されていたのは、
「公立大学」でした。

その判断基準は、「良い教員」がいるから。

公立大は国立大に比べ、教員は異動が少ないので、
継続して質の高い授業ができるようです。

また、経済的に地元とのつながりも強いので、
地方銀行などへ就職する場合は、公立大の方が
有利になるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3221-1444b204

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT