活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

人生100年時代の国家戦略

満足度★★★
付箋数:24

自民党の政務調査会「財政再建に関する
特命委員会」の下に置かれ、2016年2月に発足
した「2020年以降の経済財政構想小委員会」。

委員長代行の小泉進次郎議員を中心に、
自民党の20人の若手議員が、2020年以降の
人生100年時代の国家戦略を議論しました。

通称、「小泉小委員会」。

本書は、この小委員会に民間オブザーバー
として参加した藤沢烈さんによる、
500日の激闘をふり返るドキュメンタリー。

この小委員会は、2015年の冬に、高齢者への
バラマキ政策に対して、小泉議員を含む
若手議員が反対したことからスタートしました。

主なメンバーは以下の通りです。

まずは、将来の総理大臣としても呼び声の高い、
小泉進次郎・衆議院議員。

言わずと知れた、小泉純一郎・元首相の次男で、
1981年4月生まれで、2017年時点で36歳。

ジョン・F・ケネディさんを尊敬し、
「意思あるところに道あり」を座右の銘
としています。

世間が持つスマートなイメージとは違った、
愚直で泥臭い一面も持っているようです。

次に、小委員会の事務局長を務めた
村井英樹・衆議院議員。

1980年5月生まれの、2017年時点では37歳。

小委員会では多くの提言を執筆した、
元財務官僚の理論派です。

しかし、その一方で議論が白熱すると、
感情がほとばしる熱血漢でもあるようです。

3人目のキーマンは、小委員会で事務局次長を
務めた小林史明・衆議院議員。

1983年4月生まれの、2017年時点で34歳。

温厚で控えめですが、芯が太くて強く、
議論が白熱すると、まとめ役に徹しました。

メディア戦略の立案ではその手腕を
遺憾なく発揮したようです。

小委員会での3人は、年齢の順番の通り、
村井議員が長男、小泉議員が次男、
小林議員が三男という役回りだったようです。

この小委員会は「レールからの解放」基本方針
として、そこから「厚生労働省分割案」、
「人生100年時代の社会保障へ」、「こども保険」
の3つの提言を党に提出しました。

レールからの解放の「レール」とは、
年齢を軸とした画一的な生き方のことです。

受験に始まり、新卒での就職、
毎日休みなく働き続け、結婚して子どもを持ち、
定年後は余暇を過ごす。

これまでの日本社会では、20年学び、
40年働き、20年休むという人生こそが、
普通で幸せな生き方とされてきました。

全員がこの一本道を歩く前提で社会制度が
作られてきた面があります。

レールから外れても、自由に生きていける
社会の仕組みを作ることを目指しました。

チャレンジしてもやり直しがきく社会で、
若い世代が希望が持てるビジョンを示します。

このレールから外れる議論は、「自由」を
取るか、「安心」を取るかという議論です。

どちらを優先するかは、その人の人生観や
社会観によって意見が別れます。

簡単に結論が出ないからこそ、
議論のテーマとしては興味深いですね。

この小委員会から出てきた3つの提言には、
賛成する人も反対する人もいるはずですが、
若い政治家のドキュメンタリーとしては、
本書は非常に面白いと思います。

藤沢さんが、メンバーとして一緒に走った
からこそ書ける、リアルな激闘の記録です。

  序章 異議あり
  第1章 レールからの解放
  第2章 人生100年時代の社会保障
  第3章 こども保険をつくる
  終章 骨太の方針

この本から何を活かすか?

「こども保険」とは、子どもが必要な保育、
教育などを受けられないリスクを社会全体で
支えるもの。

保育・教育無償化の財源として、
現在の社会保険料に上乗せして資金を
集める仕組みです。

これにも当然、賛否両論ありますが、
前大阪市長・元大阪府知事の橋下徹さんは、
「就学前児童問題は地方の仕事だ」として
反対していましたね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3208-d3eb6748

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT