活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

人工知能は資本主義を終焉させるか

満足度★★★
付箋数:23

逮捕されたから読んだわけではなく、
たまたまこのタイミングになってしましました。

本書は、スパコン・人工知能エンジン開発者で
医師でもある斉藤元章さんと、人工知能と
経済の関係を研究するパイオニアで駒沢大学
経済学部准教授の井上智洋さんの対談本です。

本書は、シンギュラリティによって、
世界がどのように変わるかについて、
2人の専門家が語る興味深い内容の本でした。

しかし、2017年12月5日、斉藤さんが詐欺容疑で、
東京地検特捜部に逮捕されたことで、
本書の内容に味噌がついてしまいました。

詐欺の容疑と、本書で斉藤さんが語る内容に
関連性がなくとも、やはり発言に信憑性を
持てなくなるのは否めません。

さて、シンギュラリティとは「特異点」と
訳される言葉で、もともとは数学や物理で
使われていた用語です。

最近では、アメリカの未来学者、
レイモンド・カールワイツさんが2045年頃に
起こると予想した「技術的特異点」の意味で
使われることが多いようです。

これは、汎用人工知能が開発されて、
非生命的な知性が人類の知性を超えるという
予測です。

簡単に言うと、コンピューターの性能が、
人間の脳を超えるということです。

シンギュラリティに到達すると、想像を超える
変化が社会にもたらされので、そのときの
経済への影響を議論するのが本書の趣旨です。

そこで本書では、第1部で「経済的特異点」に
ついて議論し、第2部で「社会的特異点」に
ついて、お2人が語り合います。

井上さんは、2030年頃には第4次産業革命が起き、
それとともに汎用人工知能が登場すると
予測します。

ちなみに汎用人工知能とは、今の人工知能の
ように特化した1つの課題をこなすのではなく、
人間のようにさまざまな知的作業をこなす
ことができる人工知能です。

この汎用人工知能が登場すると、労働力が
いらなくなり、AI・ロボットを含む機械のみが
モノを作るようになると言います。

そうなると一部の研究開発に人間が関わる
ことはありますが、直接的な生産活動には
人間が携わらなくなってしまうようです。

また、社会的特異点がもたらす人類の未来
として語られるのは、エネルギーや衣食住が
タダで手に入る時代です。

人類の歴史上初めて、労働とお金から解放
されたとき、果たして私たちは何をするか?
という問題について話し合われています。

このときに斉藤さんが言っていたのは、
人類は知的探究心によって「全知」を目指す
ということ。

例えば、私たちの脳の機能や人体の仕組みに
ついては、まだまだわからないことが
たくさんあります。

私たちがいる宇宙についても知られていない
ことだらけです。

社会的特異点がもたらす未来では、
こうしたわからないことを解明したいという
探究心を思う存分発揮できる世界になると
語られていました。

当然、知的探究心が高い人ばかりでは
ないので、他には芸術的な活動に邁進したり、
スポーツがもっと盛んになる未来を
予想しています。

さらに、本人さえ望めば、「不労」の先に
「不老」さえも手に入れることができると
斉藤さんは考えています。

もしそうなると、人類は有限の時間からも
解放されることになります。

個人的には、このあたりの考えを自信満々に
語る斉藤さんの言動が、今回の逮捕劇で
怪しいなと感じてしまいました。

この本から何を活かすか?

あまり本書のメインテーマではありませんが、
日本の軍事力が世界最強だった時代が、
歴史上1回だけあったと井上さんは言っています。

さて、いつの時代のことだと思いますか?

それは、安土桃山時代です。

当時、全ヨーロッパにある鉄砲の量以上の
鉄砲が日本にあったと言われています。

戦国武将が懸命に金山や銀山を開発して
経済力も軍事力も相当高まっていました。

朝鮮出兵は豊臣秀吉以外やる気がなく、
また、補給路の関係で失敗しましたが、
日本には明と全面戦争しても勝つぐらいの
軍事力があったと考えられています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3197-fa877ec0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT