活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

モヤモヤが一気に解決! 親が知っておきたい教育の疑問31

満足度★★★
付箋数:20

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

本書の著者、石井としろうさんは、
政治家で、元衆議院議員です。

  「私は今年(2017年)、46歳の教育実習生として
  母校の教壇に立ちました。政治家として
  教育政策に携わり、さまざまな立場から
  語られる教育問題に直面して、
  現場はどうなっているか知りたかったのです。
  現場の問題を肌で感じると、多面的な角度から
  教育問題が見えてきます。

  本書は、私が政治の世界、学校の教育現場、
  民間企業、そして国会とさまざまな場に
  身を置いて得た経験と知識をもとに、
  お子さんの教育に向き合うヒントを
  お伝えするものです。」

石井さんは、国会議員をしていた頃に、
教育の本論がほとんどなく、教育費用の話や
イデオロギー的な話ばかりにエネルギーが
割かれていることが気になっていたそうです。

そこで、単なる視察ではなく、教育実習生
として実際の教育現場に入るという、
普通の政治家ではあり得ない経験をしました。

本書は、国会議員と教師という経験を持つ
石井さんが、親が持つ教育の31の疑問に
答える本です。

例えば、次のような教育の疑問に対して、
回答しています。

・先生はどうしてあんなに忙しいの?
 子どもをしっかり見てもらえるか心配です。

  「いまの学校の先生は、授業のほかにも
  生活指導や部活の顧問など、やることが
  たくさんありますからね。日本の教員の
  長時間労働は世界でもトップクラスです。
  教員の負担を減らすために、一部の自治体で
  新しい取り組みが始まっています。
  こうした動きを広げていきたいですね。」

・グローバル化の時代を生き抜くには、
 英語ができないとダメですよね?

  「たしかに、英語が話せないよりは話せた
  ほうがいいのですが、英語が話せるだけでは
  社会で通用しません。言語としての英語は
  あくまで “ツール” だと考えましょう。
  単に英語を話すだけでしたら、近い将来、
  AIが通訳してくれる時代がやってきます。
  むしろ大事なのは英語が話せることよりも、
  ほかの国の文化を理解し、協力しながら
  問題を解決する力です。」

これは、石井さんの回答の一部ですが、
親としての心配している点やモヤモヤしている
点を捉えて、回答してくれています。

単なるQ&Aではなく、問題の背景や歴史の流れ、
他国の動向なども交え、本質的な部分に
ページを割いて回答しているのは、
さすが政治家といったところでしょうか。

小手先で回答しようとせず、それがどんなに
難しくても、しっかりと向き合って回答して
いるのが、子を持つ親からすると好印象です。

個人的には、石井さんが取り組んでいる
「シチズンシップ教育」に興味を持ちました。

シチズンシップ教育とは、社会や政治に
主体的に参加するための教育のことです。

子どもたち自身が、「私は社会を構成する
ひとりである」と自覚し、日常的に社会や
政治のありかたに興味を持つ。

そして、問題解決のために行動できる人間に
育つことが目的です。

日本は他の国と比べ、シチズンシップ教育が
遅れているようですが、18歳選挙権も始まり、
これからますます重要度が高まる教育です。

これからの社会では、「ルールに従う」だけ
でなく、自ら「ルールを作る」ことが
求められます。

シチズンシップ教育は「社会のルールを
自分たちでつくること」を学ぶ教育でも
あるようです。

この本から何を活かすか?

・正解のない時代に、子育てのヒントを
 どこに見出せばよいのでしょうか?

この疑問に対して、石井さんは、
人類の歩みを振り返ると、思わぬ人生の
ヒントが得られるとアドバイスしています。

そこで推奨されていたのが、ジャレド・
ダイアモンドさんの『銃・病原菌・鉄』です。

人類の壮大な歩みが書かれた名著ですから、
私も不透明な時代を生きるヒントになる
一冊だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3189-e4faedb4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT