活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

ITビッグ4の描く未来

2017年11月20日
IT・ネット 0
満足度★★★
付箋数:23

  「米アップル、米グーグル、米マイクロソフト、
  米アマゾン・ドットコム、米フェイスブック。
  この5社は、2017年5月末時点の世界時価総額
  上位企業を1位から順に並べたものだ。(中略)
  そして、これら上位のIT企業のうち、
  近年とりわけ急成長しているのが、
  フェイスブック、アマゾン、グーグルの3社
  である。その3社に加え、アップルの企業価値は
  10年前の7倍超に拡大し、その地位は揺るぎない
  ものになっている。(中略)
  そので本書では、これら影響力のある4社を
   “ITビッグ4” とし、そのビジネスの本質を、
  これまでの動きやデータを示しつつ、
  読み解いていく。」

著者は、ニューズフロントのフェローとして
IT分野の執筆活動を続ける小久保重信さん。

小久保さんは、これまで20年に渡り、
この4社を中心に米IT企業のニュースを拾い、
記事にしてきました。

その経験からITビッグ4が、これから何を
しようとしているのか、これから世界を
どのように変えていこうとしているのかを
考えます。

この4社は、業態や理念は異なりますが、
いくつもの共通点があります。

それは、他社にまねできないコアプロダクト
を持ち、そこで得た巨額の資金を、
次世代を見据えた研究に投資していること。

一見本業とは関係ないとも思える分野で、
企業を買収し、新技術を導入し、
自社で一貫して開発や関連事業を行う
垂直統合のスタイルの経営です。

では、私たちの生活にも十分馴染みのある
ITビッグ4ですが、一体何が凄いのかを
簡単に見ていきましょう。

まず、アップルの凄さは、「利益」です。

スマートフォンの販売台数ではサムスンの
後塵を拝していますが、利益は圧倒的です。

スマートフォン業界全体の営業利益の
91%をアップルのiPhoneが占めます。

別のデータでは、アップルの利益シェアは
100%を超えるとの報告もあります。

百分率で示されるシェアが100%を超えるのは
妙な話ですが、これは赤字を出している
メーカーがいくつもあるからです。

次に、アマゾンの凄さは「Prime会員」の
急成長です。

米国では2年で2倍の8500万に達し、今では
4人に1人がPrime会員になっています。

また、音声アシスタント機器でも、
Amazon Echoがシェア70%を超えています。


そして、創業20年あまり、利益はほとんど
顧客満足度向上のための先行投資に使われ、
最終損益は、収支トントンもしくは赤字の
状態をずっと続けています。

グーグルで凄いのは、検索ではなく、
スマホ市場のOS「Android」です。

2012年の時点でのネットアクセス比率は、
わずか2.4%でしたが、その後右肩上がりで
伸び、2017年4月には37.93%に成長しました。

この時点でマイクロソフトのWindowsの
37.91%抜いて、OSでNo1になりました。

今や、パソコンの出荷台数が2.7億台に対し、
スマホはその5倍の15億台となり、
完全にモバイルが主戦場になっています。

最後にフェイスブックの凄さは、
圧倒的な「利用者数」です。

2年足らずでフェイスブック利用者は5億人が
増加し、2017年6月時点で20億人を超えました。

世界の人口の4分の1を超える世界最大のSNSに
成長しています。

特に最近では、通信速度の遅いインド、
インドネシア、フィリピン、ブラジルなどの
新興国でモバイル版の軽量アプリを提供。

この施策が功を奏し、利用者が急伸しています。

本書では、これまでのITビッグ4の動きを押さえ、
今後は医療、生命科学、自動運転、ドローン、
AI、VR、AR、IoTなどの分野で、どのような
未来が描かれているかまで言及しています。

ITビッグ4のそれぞれの情報をつなげて見て、
全体を俯瞰するには、よい視点を与えてくれる
本だと思います。

この本から何を活かすか?

アマゾンの音声アシスタントEchoシリーズが、
日本でも2017年11月15日から招待制で販売が
開始されました。

これは「Alexa(アレクサ)」と呼ぶ人工知能を
使ったクラウドベースのアシスタントサービスを
利用できるスマートスピーカーです。

私も非常に興味があるので、Amazon Echo
招待メールをリクエストしました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません