活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか?

満足度★★★
付箋数:22

  「この本は、飛行機に何千回乗ったとかいう、
  自慢話の本ではありません。他人と同じことを
  すること、猿真似が何より嫌いな性格で
  生涯天邪鬼な著者が、ホリエモンでも、
  みうらじゅんでも、稲盛和夫でもなく、
  どうしたら人生をよりハッピーに生きられるか、
  そのヒントにして頂きたくこうして記して
  います。」

ハッピーになりたかったら、飛行機に乗れ。
デキる男になりたかったら、飛行機に乗れ。
モテる女になりたかったら、飛行機に乗れ。

バラクーダは名曲(?)「日本全国酒飲み音頭」
では、何かしら理由をつけて「酒が飲めるぞ」と
歌っていました。

本書は、ちょっとそれに近いノリで、
何につけても「飛行機に乗れるぞ」と
語っています。

著者は、年間最多搭乗回数1022回を誇る
ミリオンマイラーのパラダイス山元さんです。

山元さんは、過去の飛行機関連の著書でも
その徹底ぶりから好評を得ていました。

 『パラダイス山元の飛行機の乗り方
 『パラダイス山元の飛行機のある暮らし

今回も、その飛行機「愛」は健在。

飛行機に乗ることが、人生を豊かにする
最も優れた方法であることを語ります。

見方によっては、単なる思い込みや、
ただの屁理屈のように思えるものもありますが、
山元さんは、飛行機に乗ることが、
人生そのものであることを信じて疑いません。

山元さんのその突き抜けた生き方は、
それほど飛行機好きでなかった人でも、
今すぐ飛行機に乗りたいという気持ちに
させてくれることでしょう。

空に浮くことで、新しい発想が生まれます。

  「科学的な根拠はまったく検証していない
  ことを最初にお断りしておきますが、
  会社でのデスクワークや、家に持ち帰っての
  企画書作りで能率が上がらない方に、
   “飛行機に乗る” ほど有効な手段はありません。」

リーダーになるための第一歩は、
航空会社の上級会員資格になることです。

  「空港のカウンターで “ダイヤモンドメンバー
  の◯◯様、いつもご利用ありがとうございます。
  本日あいにくエコノミークラスが満席で、
  通路側でも差し支えなければビジネスクラスへ
  ご移動をお願いしたいのですが・・・” 
  などと1度でも言われてみてください。
  会社内でたとえヒラであっても、早めに
  そういう立場になっておいたほうがトクだと
  思いませんか? いや、リーダー候補として、
  航空会社の上級会員には、なんとしても
  なっておくべきです。誰でも、ただ飛行機に
  乗るだけで取得できてしまうのですから。」

恋愛の面でも、飛行機ファンは鉄道ファンより
少なくとも1000倍はモテるようです。

  「飛行機に乗るのが趣味とまではいかなくても、
  フツーに仕事やプライベートで飛行機を
  乗りこなす術を心得ている人に、
  異性は心惹かれます。(中略)
  鉄道の知識が豊富であるほど、女の子から
  薄気味悪く思われるのに対し、ちょっとおトクな
  マイルの貯め方や、あのエアラインの機内食、
  シャンパンはおいしいなどとチョロっと話題に
  する男性は、常に女性から一目置かれています。
  その逆、男性からもあります。」

本書で山元さんは、仕事、経済、恋愛、健康、
暮らし、人間関係、心理・思考、学術、人生
など、様々な角度から飛行機に乗るメリットを
語ります。

あなたは、本書を読み終わる頃には、
飛行機に乗ることで、どんな問題でも解決できる
と錯覚するようになっているかもしれません。

そう信じることが一番幸せに生きる道です。

この本から何を活かすか?

ミリオンマイラーの山元さんがオススメの
スーツケースメーカーはどこか?

  「筆者がリモワを推す理由は、頑丈な作りと、
  万一壊れた際には、何年も前のモデルで
  あっても、必ず修理してもらえるという点に
  尽きます。壊れても買い替えの必要は
  まったくありません。」

RIMOWA(リモワ)のどのモデルがオススメかは、
明言されていませんが、電子タグ付きモデルが
カッコイイと紹介されています。

まだ電子タグに対応している航空会社は
多くありませんが、日本の航空会社でも
採用されたら、検討の価値はあると思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3151-c45cc0ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT