活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

科学でわかった正しい健康法

満足度★★★
付箋数:23

あなたは、ジャンクフードは不健康だと
思っていませんか?

ジャンクフードばかり食べると太ってしまうと。

本書の著者、ジェフ・ウィルザーさんは、
実際にジャンクフードを中心とした
食事を1ヶ月続けて検証しました。

口にしたのは、ジャンクフード、
ブラックコーヒー、粉末プロテイン、
ウィスキーの4種類だけ。

果物、野菜、チーズ、豆類、全粒穀物は
いっさい食べませんでした。

朝食にオレオ、昼食にスニッカーズ、
夕食に糖蜜のかかったポップコーン。

こうした食事を33日続けました。

その結果、どうなったか?

体調は良く、体重は5キロ減りました。

血液検査では、悪玉コレステロールが減り、
善玉コレステロールが増えていました。

体脂肪も約2%減っていました。

この実験は、ジャンクフードが身体に良い
ということを言っているわけではありません。

ただし、世間で言われているほど、
ジャンクフードは健康の敵ではない
ということです。

ウィルザーさんの実験で抑えられていた
のは、1日に摂取する「総カロリー」です。

と言っても、極端にカロリーを制限した
わけではなく、1日2000キロカロリー前後に
なるように調整されていました。

ジャンクフードでも、「適量」であれば、
それほど身体に悪影響を及ぼくことは
ないのです。

結局、食べたものの種類で太るのではなく、
消費カロリーより摂取カロリーが少なければ
体重は減るということです。

  「なにを食べるかと同じくらい、
  どのくらい食べるかが重要な鍵を握る ―
  いや、量のほうが重要かもしれない。
  特定の食べ物を悪党扱いしてはならない。
  悪いのは、食べすぎだ。それに、次から次へと
  流される健康情報に踊らされてはならない。
  あんなものはたいていただの騒音だ。(中略)
  アリストテレスが “中庸” を重んじたように、
  肝心なのは “適量” だ。」

本書は、巷で言われるあらゆる健康法を
科学的に検証する本です。

ただし、ウィルザーさんは、
医師でも、科学者でもありません。

脳科学、生理学、栄養学、遺伝学、心臓学、
歯学、心理学、統計学など、さまざまな分野の
専門家から話を聞いて、情報をまとめました。

そして、ときには体を張って実験しました。

日々、テレビで新しく発信される健康法や
健康ブームに、科学的な根拠があるかどうかを
調べたのです。

 ・「脂質が肥満の原因」は大ウソ ― 脂質
 ・「ヘルシーなはず」が体重を増やしていた!
  ― グルテンフリー
 ・摂取量の少ない人ほど死亡率が高い ― 塩分
 ・低農薬な僕らの日常食 ― 遺伝子組換作物
 ・妊婦に朗報? ― 妊娠中のアルコール

食べ物以外でも、身体に良いと言われる行動や
生産性が上がるとされる行為についても
それが本当かどうか情報を集めています。

 ・痛みがなくなる究極の方法! ― ののしり言葉
 ・スッキリするうえに役立つ ― 愚痴
 ・人を倫理的にさせるもっとも効果的な方法
  ― ゴシップ

1つ1つのトピックは、あまり深い内容は
レポートされていませんが、
だからこそ多岐にわたって書くことが
できたのでしょう。

語り口も軽快で、サラサラ読める本です。

米アマゾンのノンフィクション分野で
ベストブックに選ばれたの納得できる
1冊です。

この本から何を活かすか?

あなたは、片付ける派? 片づけない派?

私たちは、整理整頓することが「善」である
と教育されてきましたが、本書では、
ちょっと違う実験結果を紹介しています。

  「散らかった部屋にいた人たちは、
  整理整頓された部屋にいた人たちより
  はるかにクリエイティブな反応を見せた」

乱雑な状態は、人の創造性を刺激する
良い面もあるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3140-aa77ddaf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT