活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

教養は児童書で学べ

満足度★★★
付箋数:18

ライフネット生命創業者、出口治明さんは、
以前から人が教養を身につける方法として、
3つのことを勧めていました。

それは「本を読む」こと、「人に会う」こと、
「旅に出る」ことです。

この3つのうち、最も効率がいいのが、
「本を読む」ことです。

それは、アメリカ大統領に会いたいと思って
ワシントンへ行っても会えませんが、
リンカーン演説集』(岩波文庫)を読めば、
リンカーンさんに会うことができるから。

出口さんは、特に本の中でも、これまでは
「古典」と呼ばれるものを読むことを
推奨してきました。

古典には、リアルな人間が描かれているので、
読むと人間に対する洞察力が高まります。

ビジネス書を10冊読むよりも、古典を1冊
読む方がよほど役に立つと推奨していました。

例えば、過去の著書では塩野七生さんの
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
などが薦められていました。

しかし、今回はうって変わって「児童書」が
推薦されています。

まあ、児童書といっても昔からあるものは
「古典」と言ってもいいかもしれませんが、
今回はこれまでとは少し趣が違います。

なぜ、出口さんは「児童書」を薦めるのか?

  「子ども向けに本をつくろうとしたら
  ごまかしがききません。つまらないと
  すぐにそっぽを向いてしまいますから。
  だから、いい児童書は、無駄をすべて
  削ぎ落としたうえで、ていねいに
  つくってあるのです。
  児童書は、子どもの気持ちにならないと
  楽しめない本ではなく、優れたものは、
  子どもが子どもとして楽しめるのと同時に、
  大人も大人として楽しめます。
  この本で紹介する十冊は、すべて、
  子どもに読むためだけの本ではなく、
  大人が純粋におもしろいと思える本
  ばかりを選んでみました。」

本書で紹介される10冊の児童書は、
絵本からファンタジー小説まであります。

大人が読んで完結するのではなく、
読んで面白かったものを子どもに薦めたり、
読んであげることが目的です。

ですから、本書のメインターゲットは
「小学生以下の子どもがいる親」
になるでしょう。

大人が自分の教養を高める目的で
児童書を読むことを優先的に薦めている
わけではありません。

やはり、大人のためだけであれば、
「古典」を読んだ方がいいと思います。

ただし、本書自体は、各児童書の
解説の端々に出口さんの高い教養が
現れているので、興味深い内容です。

読んでいて「なるほど、そうか」と
思える部分がたくさんありました。

個人的には、小学生以下の子どもがいる
親御さんが本書を予め読んでおき、
お子さんと一緒に、図書館に行くことを
お勧めします。

図書館の書架から、本書で紹介されていた
本を数冊持ってきて、子どもの前に並べ、
興味を持って手を伸ばした本を借りると
いいでしょう。

やはり子どもにも好みがありますから、
いくら親がいいと思っても、
それを子どもが読むかどうかは別の話です。

もちろん、子どもが気に入った本なら、
書店で購入しても構いませんが、
子どもと一緒に図書館に行って本を選ぶ
経験も大切だと思います。

この本から何を活かすか?

本書で紹介される児童書は、次の10冊です。

 『はらぺこあおむし』偕成社
 『西遊記』岩波少年文庫
 『アラビアン・ナイト』福音館書店
 『アンデルセン童話集』岩波少年文庫
 『さかさ町』岩波書店
 『エルマーのぼうけん』福音館書店
 『せいめいのれきし』岩波書店
 『ギルガメシュ王ものがたり』岩波書店
 『モモ』岩波少年文庫
 『ナルニア国物語』光文社古典新訳文庫

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3139-4f01c123

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT