活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

幸せな人は「お金」と「働く」を知っている

満足度★★★
付箋数:21

グループウェア「サイボウズ Office」などで
知られるサイボウズ株式会社。

同社は『学校では学べない「夏の1日授業」』
と題して、高校生を対象に、自分の未来に
ついて考えるためのイベントを実施しています。

2016年8月5日に行われた授業のカリキュラムは
以下の通りです。

 1限目 世の中のすべてがわかる「フレーム
    ワーク」と「メソッド」
    青野 慶久さん サイボウズ社長

 2限目 福島の現在~高校生だから
    できることを考えよう
    大内 梨央さん 福島の高校2年生

 3限目 私たちの時代の新しい「お金」との
    付き合い方
    新井 和宏さん 鎌倉投信資産運用部長

 4限目 僕はミドリムシで世界を救うことに
    決めました。
    出雲 充さん ユーグレナ社長

 5限目 ビリギャル本人だからこそ語れる物語
    「ビリギャル」のモデル小林さやかさん

どの授業も、大人から見ても魅力です。

本書は、この中の2限目、鎌倉投信の
新井和宏さんが行った授業を書籍化した
ものです。

  「この本は、若い人たち、特にこれから
  社会に出ていく人たち、そしてその親御さん
  にこそ読んでほしいと思っています。
  多くの子どもたちはお金についての教育を
  ほとんど受けないまま大人になります。
  そのようにして育った子どもたちは、
  大人になってもお金に対してきちんとした
  価値観ができないままです。その状態で
  働き始めたらどうなるでしょうか。
  働けば当然お金を得るようになります。
  しかし、お金についての教育を受けていない
  ために、結果としてお金に人生を振り回される
  ようになります。」

新井さんは、これまで20年以上金融に
携わってきました。

若い頃は、世界最大級の外資系資産運用会社で
企業年金・公的年金などの運用を行う
ファンドマネージャーとして10兆円近くを
動かしていました。

その後、大病を患った時期に坂本光司さんの
日本でいちばん大切にしたい会社』と
出会い、これまでの金融との関わり方を
考え直すことになります。

その時期に、リーマン・ショックも起こり、
自分の培ってきた金融の技術を社会のために
使うことを決意します。

そして、志を同じくする仲間4人と共に
鎌倉投信を創業しました。

同社は、経済的な指標だけではなく、
社会を豊かにする「いい会社」を応援する
コンセプトで投資信託を販売しています。

同社唯一の投資信託「結い2101」は
次の方針で運用されています。

 1. 応援する理由を明確にする
 2. より多くの人が応援できるように
  投資先をすべて開示する
 3. 応援するからには短期間で業績が悪く
  なっても手放さず、買い増す
 4. 会社の基本方針が変わらない限り
  投資し続ける

実は、私はこの「結い2101」に投資して
いるので本書を手にしました。

何を幸せとするかの基準は自分自身の中に
あります。

つまり、幸せとは、最高の自己満足を
持つことです。

そして最高の自己満足は、実は他者への
貢献によって生まれるもの。

これが、新井さんの「幸せ」に対する
考えです。

本書は、高校生への授業がベースなので、
非常に平易に書かれています。

しかし、これまで「お金」と「幸せ」に
ついて真剣に考えた経験のない方には、
人生の指針として参考にできる本だと
思います。

この本から何を活かすか?

以下、2017年4月の「結い2101」目論見書に
出ている、この投資信託の主な投資先です。

 1 SHOEI その他製品 1.5
 2 KOA 電気機器 1.4
 3 ユーシン精機 機械 1.3
 4 堀場製作所 電気機器 1.3
 5 アイ・ケイ・ケイ サービス業 1.3
 6 日本空調サービス サービス業 1.3
 7 前田工繊 その他製品 1.3
 8 ユニオンツール 機械 1.3
 9 タムロン 精密機器 1.3
 10 カゴメ 食料品 1.2

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3103-5ecbe8b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT