活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ネットは基本、クソメディア

満足度★★★
付箋数:21

2016年末に発覚し、世間を騒がせた、
医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」問題。

このサイトは、DeNAが運用するまとめサイト、
いわゆるキュレーションメディアでした。

WELQでは、不正確な記事や、著作権無視の
転用が次々と見つかりました。

特に誤った医療情報が掲載されていることで、
大きな問題となりました。

DeNAでは、創業者の南場智子さんを含む3人が、
ひたすら謝罪し、第三者委員会の調査報告書を
公開したことが記憶に残っています。

また、DeNAが運用する他のサイトでも、
同様の不正確な記事が見つかり、大炎上の末、
それらのサイトも閉鎖に追い込まれました。

これらの不祥事は、キュレーションメディア
自体のあり方を問う問題です。

  「本書は2016年12月にネット界を席巻した
   “キュレーションサイト問題” から、
  ネットメディア全般の抱える問題と今後の
  あるべき姿などを探っていく。」

著者の中川 淳一郎さんは、古参のネット編集者。

これまでにも『ウェブはバカと暇人のもの』、
ネットのバカ』などを執筆し、ネット編集者
の立場から問題点を指摘してきました。

  「本書を出すことになった2017年、
  ネットの影響はさらに大きくなった。
  テレビ・雑誌・ラジオという既存の
  4マスメディアであってもネットの発信力を
  活用したり、ネット発のニュースを大々的に
  取り上げたりしている。しかし、ネットの
  実態はまだまだ無法地帯であり、ゲス業者と
  クソ記事が溢れる地獄絵図でもある。」

記事の信頼性が担保されないまま、
もはやマスメディアとなったネット記事。

本書で中川さんは、キュレーションサイトの
問題をDeNAの第三者委員会の調査報告書と
10年以上のネット編集の実体験から解説します。

ネット記事を読む側としては、ゲス業者、
クソ記事が溢れるこの現状から、いかにして
身を守るのかについても言及されています。

先日私が見た、NHKの国際ニュース番組
「これでわかった!世界のいま」で、
ミャンマーの新聞記者の質が低いことが
取り上げられていました。

それは記者が報道に関する教育を受けて
いないため、正確性を欠いていたり、
偏った記事が散見されているという
内容でした。

これは、本書で中川さんが指摘している
ネット記事の問題と本質的に同じもの
であると感じました。

それは記事を書く側のインセンティブが
強力に働く以上、なかなか制限するのは
難しいというものです。

本書で指摘されるネット記事の現状は、
事例と共に詳しく紹介されていますから、
普段、あまりネット記事を読まない人でも
その問題点は良くわかります。

ただし、個人的には「クソ」「ゲス」などの
汚い用語の連発に、読んでいて若干疲れる
印象がありました。

 序章 クソメディアに占拠されるグーグル検索
 第1部 キュレーションサイトの問題の本質
  第1章 こうしてDeNAは炎上した
  第2章 クソメディアはなぜ生まれたのか
  第3章 グレーゾーンの記事制作
  第4章 コンテンツへの愛は皆無
  第5章 被害に遭ったクリエイターたち
 第2部 ネットはもはやマスメディア
  第6章 ネットに頼るマスメディア
  第7章 ネットメディアの集金構造
  第8章 自浄作用を示したネットメディア
 終章 あなた自身もクソメディア?

この本から何を活かすか?

本書の「ネットと上手く付き合う10カ条」
の中で、私が気になったのは次の内容です。

  「クソサイト独特の文体や記事の長さ、
  ページ構成を理解せよ」

トレンドは変わるようですが、2017年時点では
以下のような特徴のサイトが要注意。

  「ですます調」
  「曖昧結論」
  「ターゲットの様々な点を網羅」
  「目次あり」

これらのいずれの条件にも合致すれば、
クソサイトと認定して良いようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3102-0b81df59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT