活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

Webキャンペーンのしかけ方。

Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告”
Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告”
渡辺 英輝、阿部 晶人 他 (2007/03/18)
インプレスジャパンこの商品の詳細を見る

満足度★★★

web広告ではなく、webキャンペーン。

その違いは何か?

それは、購買意欲を起こさせるだけでなく、
コミュニケーションを重視し、顧客と継続的な関係を築くこと。

本書では、4人の先駆的webクリエーターが、その経験から培った
「Webキャンペーンのしかけ方」のノウハウを惜しげもなく公開しています。

付録の対談を含めると、本書は5部構成となっていて、
4人の著者がそれぞれ各章を担当しています。

 第1章 Webキャンペーンの五輪書 (阿部晶人)
 第2章 めざすは感動の場づくり (渡辺英輝)
 第3章 Webコミュニケーションのための情報編集 (螺澤裕次郎)
 第4章 一方的に話す人は嫌われる (伊藤直樹)
 付録 4人の対談

いや~、こんなwebキャンペーンが展開されていたとは、
本書を読むまで、ぜんぜん知りませんでした。驚きです。

もし、私同様、NIKEiDのキャンペーン「AKIBAMAN」を知らなかった方は、
下記でご覧ください。(時間は3分ほど)


本書を読むと、門外漢の私でさえ、これからのwebコミュニケーションが
目指している方向性を、なんとなく感じることができました。

この本から何を活かすか?

本書-第4章で著者1人の伊藤さんが、
「最近よく乗る自転車で、アイディアを思いつく」と言っていました。

私も、自転車にはよく乗りますが、
MP3プレーヤーで音楽を聴いていることが多いためか、
ヒラめくという感じはありませんでした。

今日から、自転車に乗る時は音楽を聴かずに、
「思考の整理・アイディアのための時間」とすることにします。

May the reading be with you!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 10:12 | comments:12 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

おもしろいブログですね!

コメントありがとうございました。
こんなすごいブログをされているのですね!

これは、パパにも伝えなくっちゃ!

私もパパも、楽しんで勉強させていただきます♪

子育て中の私は、「思考の整理」は、ほぼ寝る寸前だけで、夢の中になることが多かったり。。。トホホ

たまに、ベビーのお昼寝中に、目標としている自分と対話形式で考えを書いてみたり、マインドマップを書いてみたりしている感じです。

でも、ベビーが起きてきたら、中断ですけどね。。。

| プリンセス・ママ | 2007/06/12 19:45 | URL |

プリンセス・ママさん

お子さん、まだ小さいんですね~。あと5年くらいは
子育ての醍醐味を満喫できますね!
ウチの子は、今年、小学校に入学しました。
うれしいような、寂しいような。

| ikadoku | 2007/06/13 09:27 | URL |

コメントありがとうございます。
AKIBAMAN、私も好きです。

| fumixer | 2007/06/13 23:01 | URL |

fumixerさん

ブログ拝見する限り、クリエイティブなものお好きなようですね。MIT Sloan School of Management Podcast今度、聞いてみます。

| ikadoku | 2007/06/14 06:18 | URL |

TBありがとうございました。
素晴らしい読書評ブログで大変感銘を受けました!
読んだ本をどう生かすか?
忙しさにかまけてなかなか実践できてませんが、
今後も参考にさせて頂きたいと思いますので
よろしくお願い致します。

| busido-cast | 2007/06/14 21:26 | URL | ≫ EDIT

busido-castさん

私も、読む量の割りに、自分に活かされていないことの
反省をこめて、このブログを書いています。
読後は、たとえ小さくても、自分にしかできない行動を
起こしていきたいと考えています。

| ikadoku | 2007/06/15 07:04 | URL |

TBありがとうございます。

Webってついつい技術に走りがちで、目的達成のための手段の一つであることを忘れがちですよねぇ。でも技術の話を抜きには語れなかったり・・・そう考えると、Webコミュニケーションって難しいなぁとつくづく。

| SAGAWA | 2007/06/21 02:29 | URL | ≫ EDIT

SAGAWAさん

確かに、リアルのコミュニケーションとは違う、良さや難しさ
がありますね。私にとってはブログも一つのWebコミュニケーション。
ここでのコミュニケーションを大切にしていきたいですね。

| ikadoku | 2007/06/21 07:29 | URL |

TBありがとうございます。
コメントが遅れて申し訳ない。

広告の仕事に携わっているため、
能動的な人たちを巻き込むことができるWeb上のキャンペーンは
イベントに近いものを感じさせてくれます。
ターゲットをうまく巻き込めれば大きな波になりますから。
イベントと違ってPCのあるところならどこでも
参加することができますし。

またちょくちょく覗きにきますね。

| freemanhero | 2007/06/25 02:13 | URL |

freemanheroさん

freemanheroさんは雑誌も、多く紹介されていますね。
参考になります。
それにしても、守備範囲がとても広いですね~。

| ikadoku | 2007/06/25 06:41 | URL |

先日はTB&コメントありがとうございました。
やっと読み終わりました。
つたないながら感想なんぞ書いてみたので
トラックバックさせていただいております。

| 高杉(仮) | 2007/06/27 00:11 | URL |

高杉(仮)さん

まだ高杉(仮)さんのブログ、少ししか拝見いていませんが、
「Youtubeのコメント欄でボロクソに書かれた件」の記事、
大笑いしました。スミマセン。
これからの作品も、楽しみにしています。

| ikadoku | 2007/06/27 09:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/31-4c487ff6

TRACKBACK

最近仕事で使ったWebプロモーション資料用書籍。

Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告”概念論が多いが、ネットキャンペーン企画書作成時に使えそうなノウハウ&資料が豊富。プロデューサーやプランナーは一読の価値アリリッチコンテンツ・マーケティングの時代~動画、音声、Flashがネッ

| 『節道』(ぶしどう)CAST | 2007/06/14 21:22 |

変えられるところから。

Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告” 著

| 本を読まないと死んでしまう。 | 2007/06/25 02:07 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT