活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

無敵の思考

2017年08月15日
人生論・生き方・人物・哲学 0
満足度★★★
付箋数:23

本書で定義される「無敵」とは「幸せ」のこと。

本書は、「2ちゃんねる」の元管理人で、
「ニコニコ動画」を作ったことでも知られる
西村博之さん(以下ひろゆきさん)の幸福論です。

最初に断っておきますが、本書のうち、
ひろゆきさんがちゃんと書いたのは、
「おわりに」の2ページのみです。

本文は、ひろゆきさんが過去に書いたことや
話したことを中心に編集者がまとめたもの。

もし、ちゃんと本人が書かれた本じゃないと
読む価値がないと思っている方がいれば、
本書は読まない方がいいでしょう。

それは、本書がひろゆきさんの手によって
書かれていないからではなく、
その思い込みがあると、ひろゆきさん的な
「幸せ」は理解できないからです。

本書は、「幸せ」に生きるための考え方を
21のルールとしてまとめた本です。

  「 “考え方” 次第で、人は“無敵”になれます。
  けれど、多くの人はそれができていません。
  たとえば、期待値が1を下回るギャンブルは、
  やり続ける限り絶対に損をします。
  お金に余裕があって、損をすることを前提で
  やっているのなら別にかまいません。
  でも、なぜか “自分だけは大丈夫だ” という
  非理論的な考え方をしてしまいます。
  そして、 “わかっているけど、やめられない” 
  という言い訳をします。
  そんな人に向かってできることは、
   “論理的に正しくないよ” と言い続けること
  しかありません。」

ひろゆきさんの考え方は、合理的です。

そして、自分で決めたルールに従って
暮らすことを心掛けています。

ひろゆきさんが事前にルールを決めるのは、
人は何かを選択するときには、
かなりのエネルギーを使うからです。

選択に迷ってしまうと、それがストレスに
なるからです。

  「僕は、 “こういうときは、こうしておこう” 
  というルールを先に決めます。
  それで実際に、 “これ、違うな” と思ったら、
  その都度見直してルールを変えます。」

これが本書で語られる幸福論の大前提です。

私は、世間一般では「変わり者」と言われる
部類なので、ひろゆきさんの考えに同意できる
ルールもたくさんありました。

特に「お金」に関するルールには同じような
考えを持っています。

 ルール15 「金銭感覚」を保っておく
 ルール18 「払いたくない支出」を明確にする
 ルール19 「元をとること」を考える
 ルール20 買い物は「思想」と「機能」に分ける

一方、「さすがにそれはできないな」と思う
ルールもけっこうありました。

例えば、ひろゆきさんが実践している
「海外旅行に行くと必ず生水を飲む」という
ルールです。

これは耐性を増やしておくことが目的で、
現地の人は必ずその水を飲んでいるという
理由で実践しているようです。

もちろん、翌日のスケジュールが空いていて、
トイレにこもってもいいという条件で。

さすがに、いくら探究心があっても、
限られた旅行期間のスケジュールを潰して、
敢えてこのリスクを取ろうとは思いません。

これは、時間的に余裕があるひろゆきさん
だからこそ実践できるルールでしょう。

本書の考えを、単に理屈っぽいと思うのか、
それとも論理的で無駄がないと思うのかは
その人次第です。

しかし、ひろゆきさんのような考え方が
理解できないと、「幸せ」を感じる頻度は
多くないように思えます。

この本から何を活かすか?

ひろゆきさんは、次の5つの条件を満たす本を
「良書」と考えています。

 1. 今後10年以上も影響を与える「技術」や
  「文化」をテーマとしている

 2. 結論に至る「経緯と理由」に筋が通っている

 3. 「資料」から組み立てられていて、
  個人の感想を書いているわけではない

 4. 一般的な「常識」とは違う結論や発見がある

 5. 単純に読んでいて「おもしろい」

本書では、この条件を満たす本として
マルク・レビンソンさんの『コンテナ物語』が
紹介されていました。

古い本ですが、私も読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません