活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

満足度★★★
付箋数:23

  「これまで多くの心理学の調査によっても、
  仕事や私生活で目標を達成した、いわゆる
   “成功者” と呼ばれる人たちには、共通する
  思考や行動パターンがあるということが
  明らかになっています。
  つまり “才能が成功に導いた” のではなく、
  彼れは “ある種の思考や行動によって、
  自らを成功に導いている” のです。
  本書では、こうした目標を達成できる人に
  共通する思考や行動を “9つの習慣” に
  まとめて紹介していきます。」

著者のハイディ・グラント・ハルバーソンさん
は、コロンビア大学モチベーション・
サイエンス・センター副所長。

モチベーションと目標達成の分野の第一人者です。

本書は、ハルバーソンさんが書いていた
ハーバードビジネスレビュー誌のブログ記事を
まとめたものです。

では、心理学的に正しい目標達成の
「9つの習慣」を見ていきましょう。

習慣1. 目標に具体性を与える

 もし、「やせたい」と思うならば、
 目標は「やせる」ではなく「5キロやせる」
 とすべきです。

 具体的かつ詳細に、自分が達成したいことを
 考え抜くことが、最初にやるべきことです。

習慣2. 目標達成への行動計画をつくる

 目標達成のためにやるべき行動を着実に
 実行するためには、「いつ何をやるか」を
 あらかじめ予定に入れておく必要があります。

 例えば、「月・水・金には出勤前に必ず
 30分運動する」のように。

習慣3. 目標までの距離を意識する

 目標を達成するには、ただがむしゃらに
 努力するのではなく、日々、どれだけ進歩
 したのかを確認しながら、モチベーション
 を維持します。

習慣4. 現実的楽観主義者になる

 「目標は達成できる」と信じることは大切
 ですが、「簡単に達成できる」と考えては
 いけません。

 「非現実的な楽観主義者」になることなく、
 目標達成が簡単でないことを意識した、
 「現実的な楽観主義者」になるべきです。

習慣5. 「成長すること」に集中する

 「今、何ができるのか」ではなく、
 「これから、何ができるようになりたいか」
 を考えるようにします。

 失敗しても「また、ひとつ学んだ」と考え、
 他の人と比べず、過去の自分と比べる
 ようにします。

習慣6. 「やり抜く力(グリット)」を持つ

 グリットとは、困難にも屈せず、
 長期的な目標達成に向けて全力を尽くす
 「やり抜く力」のことです。

 「うまくいかないのは自分に能力がないから」
 と考えずに、「成功は自分の頑張り次第」と
 考えて、困難な状況でも努力を続けます。

習慣7. 筋肉を鍛えるように意志力を鍛える

 意志力は筋力と似ていて、使わなければ
 衰えますが、定期的に正しい方法で使えば、
 少しずつ強くすることができます。

 まずは小さな目標に取り組み意志力を鍛え、
 いつしか、大きな目標に取り組むための
 意志力を徐々に育てていきます。

習慣8. 自分を追い込まない

 意志力は有限なので、使えば消耗します。

 目標は1つに絞り、誘惑と出会いやすい
 時間や場所を把握して、できるだけそれを
 避けるようにします。

習慣9. 「やめるべきこと」より「やるべきこと」
    に集中する

 目標をどう表現するかで結果が変わります。

 「~しない」という目標を「~する」に変え、
 「やりたいこと」、「やるべきこと」に
 集中します。

本書は120ページの非常に薄い本です。

しかし、そのシンプルさ、読みやすさが魅力で、
実践しやすい本だと思います。

この本から何を活かすか?

ハルバーソンさんの書いた記事は、
ハーバードビジネスレビュー誌において、
歴代最多の閲覧数を記録したと言います。

本書のベースとなった、その記事(英語)が
こちらです。

Nine Things Successful People
Do Differently


Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3095-eaccdd9d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT