活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

世界一訪れたい日本のつくりかた

満足度★★★★
付箋数:28

日本を代表する観光都市、「京都」。
その素晴らしさは世界も認めるところです。

アメリカで発行部数100万部を誇る
大手旅行雑誌「Travel+Leisure」の
世界都市ランキングでは、2014年、2015年と
2年連続で京都は第1位に輝きました。

また、イギリスの権威ある観光雑誌、
「ワンダートラスト」の読者投票でも
京都は世界観光都市ランキングで、
第1位に選出されています。

これらの評価を見ると、京都は名実共に、
世界No1の観光都市と言いたいところですが、
残念ながら「実」の方がまだ伴っていません。

外国人宿泊数世界トップ都市ランキングでは、
2015年の調査で京都は「世界第89位」の
観光都市に過ぎないのです。

つまり、京都は世界中の人々が行きたい
憧れの観光都市ではあるものの、
その潜在能力を十分に生かし切れて
いないのです。

もっと多くの外国人観光客が訪れて、
今以上にお金を落としてもらう余地が
残されているのです。

ここでは、京都を例に挙げましたが、
本書の著者、デービッド・アトキンソンさんは
日本全体の観光業が同じような状況にあると
指摘します。

日本を訪れる外国人観光客の数は、
2007年にはおよそ800万人でしたが、
2016年には2400万人を突破しました。

わずが10年足らずで、3倍になりましたが、
それでも、まだまだ不十分なのです。

  「日本の観光業は、そのポテンシャルを
  十分に発揮できていると言えるでしょうか。
  本書のタイトルにあるように、 “世界一
  訪れたい国” になっているでしょうか。
  私は、まだまだそんなことはない、
  と断言します。

  2016年の2400万人という数字は通過点に
  すぎません。安倍政権は2020年に4000万人、
  2030年に6000万人という目標を立てて
  いますが、私は “やるべいこと” をやれば、
  日本は “世界一訪れたい国” となり、
  この目標も簡単にクリアできると
  考えています。」

本書には、日本が真の観光先進国になる
ための提言が述べられています。

2015年に刊行され大ベストセラーになった
前著、『新・観光立国論』も素晴らしかった
ですが、本書のアトキンソンさんの指摘は、
それにも増して、非常に納得感があります。

さすがに、元ゴールドマン・サックスで
金融調査室長を務めたアナリスト。

データの扱い方が非常に上手いですね。

アトキンソンさんは、2017年から
日本政府観光局特別顧問に就任して
いますが、もう日本の観光戦略は、
アトキンソンさんに任せておきたい、
と思えるような内容でした。

今や観光産業は、世界経済のGDPの
10%を占め、世界中の雇用の11分の1を
生み出すほど、大きく伸びている
成長産業になっています。

観光産業は、世界経済において、
エネルギー、化学製品に次ぐ、
「第3の基幹産業」という位置づけ
なのです。

当然、日本にとっても観光は有益な
産業で、その潜在能力を生かすと、
日本経済を活性化する可能性を
十分に秘めています。

本書には、現状分析と日本が観光先進国に
なる方法論が理論的かつ具体的に提案
されています。

現在、観光業に関わっている方もいない方も
ぜひ読んで欲しい一冊だと思います。

 第1章 日本の「実力」は、こんなものじゃない
 第2章 「どの国から来てもらうか」がいちばん大切
 第3章 お金を使ってもらう「魅力」のつくりかた
 第4章 自然こそ、日本がもつ「最強の伸び代」
 第5章 「誰に・何を・どう伝えるか」を
    もっと考えよう
 第6章 儲けの9割は「ホテル」で決まる
 第7章 観光は日本を支える「基幹産業」

この本から何を活かすか?

アトキンソンさんは、観光において日本には
「地の利」があると指摘まします。

それは、国際観光客は、隣国へ旅行した
ときよりも、遠い国へ旅行したときのほうが、
より多くのお金を落とす傾向があるから。

  「欧州やアメリカという、ただでさえ観光に
  お金を使う傾向のある人々が “遠方” に
  いるというのは、日本にとって非常に大きな
  プラスと言えるでしょう。」

更に、本書では具体的なターゲットとしては、
フランスではなくドイツを挙げていました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3092-fb7eb518

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT