活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

いま、すぐはじめる地頭力

いま、すぐはじめる地頭力
いま、すぐはじめる地頭力
(2008/06/11)
細谷 功 商品詳細を見る

満足度★★★

もし、あなたの上司が、
“何も教えてくれず、明確な指示も出さず、ものわかりが悪く、
部下の失敗の責任を負わない”タイプなら、ラッキーです。

この手の上司は、あなたの「地頭力(ジアタマリョク)」を鍛えるという
意味では、最も良い上司として本書で説明されています。

前著「地頭力を鍛える」で、
ちょっとした地頭力ブームを巻き起こした細谷功さん。

今回は、より平易に、より日常生活に重点を置き、
イラストも交えながら、地頭力のトレーニング方法を解説しています。

ちなみに、地頭力とは、
私のイメージでは、論理的思考能力に突貫力をプラスしたようなものですが、
本書では「仕事や人生の問題をスピィーディーに解決し、
さらには新しいものを創造することができる“考える力”」と定義されています。

本書で強調されているコンセプトは、「離れて考える」というイメージ。

  ・「向こう側に」離れる (仮説思考)
  ・「上空に」離れる (フレームワーク思考)
  ・「対象物から」離れる (抽象化思考)

この3つのコンセプトからも明らかなように、
本書は、より一般的な思考力を解説する本に近づいた印象です。

あと、本書で紹介されているフェルミ推定問題は、
例題(日本全国の美容室の軒数を推定)以外に、次の1問だけでした。

  「日本全国にガソリンスタンドが何軒あるか?」
  (制限時間3分、紙と筆記用具以外は使用不可)

この問題については、本書に解答例は出ていないようですので、
私の計算過程を、この記事の「Lead More・続きを読む」に書いておきます。
興味のある方は、どうぞ。

また、前作の反響が大きかったのか、
本書の最終章は、地頭力に関するQ&Aになっています。

中でも、「地頭力を鍛えるデメリット」として、
性格が悪くなる・人に嫌われる・悩みが増える・飽きっぽくなる・・・
などの“場合がある”ことについて、
細谷さんが言及しているのは、なかなか面白かったですね。

この本から何を活かすか?

本書は冒頭で、「思考停止度チェック」、「仮説思考力チェック」、
「フレームワーク思考力チェック」、「抽象化思考力チェック」の
4つのミニテストで簡単に自己診断するところから始まります。

それでは、この中から代表して「思考停止度チェック」を紹介しましょう。

次の質問に該当するYesの個数を数えてください。

  1. 毎日の行動パターンが決まっている
  2. 上司や先輩に言われたとおりにしている
  3. この24時間以内に一度も「なぜ?」と思わなかった
  4. 講義や講演を聞いて質問したことがない
  5. クイズや問題集をやるとすぐに答えを見る
  6. 「ブランド品」であれば間違いないと思っている
  7. 「どれが大事?」と聞かれると「すべて」と答えることが多い
  8. 気がつくと一人でしゃべっていることがある
  9. 自分の経験から判断することが多い
  10. 昔話をよくする

こちらの診断結果も「Lead More・続きを読む」で。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  


まずは、「思考停止度チェック」の診断結果です。

Yesが
  ・3個以下・・・思考回路フル稼働中
  ・4~7個・・・思考停止注意
  ・8個以上・・・思考停止寸前

ちなみに、私は1番と3番がYesで2個。
あまりフル稼働とは思えませんが・・・

さて、フェルミ推定問題での、私の思考の実況中継です。
問題は、日本全国にあるガソリンスタンドの何軒の推定でした。

1. 例題の「美容室の軒数」が、需要と供給の観点から考えていたので、
 素直にそのやり方に従って推定しよう。
2. まず、供給。1軒のガソリンスタンド当たり、6ヵ所で給油できるとし、
 1時間に2台、1日15時間稼動として、6×2×15=180台/軒・日
3. 次に需要。国内の自動車台数の推定からスタート。
 これを自家用車と商用車の2種類と考える。
4. 自家用車は4人に1台として、1億3千万人÷4=約3200万台とする。
5. 商用車は、全然手掛かりがないので、自分が車で走行しているときの
 イメージから、自家用車の半分、3200万÷2=1600万台と強引に仮定。
6. そういえば、タクシーってLPガスだっけ?でも、わからないから無視!
7. 二輪車のことも一瞬頭をよぎる。でも、時間がないのでこれも無視!
8. 自家用車は2週間に1回給油すると仮定し、
 1日に給油する台数は3200万÷14日=約220万台/日
9. 商用車は5日に1回給油するとして、
 1日に給油する台数は1600万÷5日=約320万台/日
10. 1日に日本全国で給油する車の台数は220万+320万=540万台/日
11. 540万台の車の給油をさばくには、需給の関係から
  540万/日÷180台/軒・日=3万軒

この計算の後で、検索して実際のガソリンスタンドの軒数を
調べてみると、2007年3月末現在、4万5792軒とのことでした。
(資源エネルギー庁まとめ、参考サイトは、こちら
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/308-7c780b7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT