活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

シンプルにわかる確定拠出年金

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、確定拠出年金を知っていますか?

確定拠出年金は、2016年の9月に
愛称が「iDeCo(イデコ)」と決まって、
かなり知名度が上がりました。

更に、2017年1月以降、法改正により、
20歳以上のほぼすべての国民が確定拠出年金に
加入できるようになりました。

ところで、あなたは、確定拠出年金を
利用していますか?

もし、あなたが、確定拠出年金を、まだ
始めていないなら、すぐにでも始めましょう。

確定拠出年金は、名前を知っているだけでは
何の得にもなりません。

  「長年、資産運用の世界に関わっていても、
  普通のお金の運用で、これほど大きな割合で、
  かつ “ほぼ確実に得をします” と言い切れる
  ものには、なかなかお目にかかれない。
  この点で、確定拠出年金は非常にまれな制度だ。」

本書の著者、資産運用が専門の経済評論家、
山崎元さんもこのように言い切っています。

それくらい確定拠出年金は、
「ほぼ確実に、かなり得」な制度です。

きっと、確定拠出年金のことを聞いたことが
あっても、何となく面倒で自分で調べようと
していない人が多いのではないでしょうか。

また、それほど自分ごとと考えることが
できず、あまり興味を持てない方も
いることでしょう。

正直、私から言わせると、確定拠出年金は、
「やらない、意味がわからない」制度です。

宝くじ売り場の前に並んでいる人を見たら、
そんなものを買わずに、確定拠出年金を
すぐに始めなさいと言いたいぐらいです。

知らない方のために、少しだけ解説すると、
確定拠出年金とは、国が導入した年金制度の
1つです。

積み立てたお金の運用方法を「自分で決める」
という特徴がありますが、極めて節税効果が
高い制度です。

あまりに優遇過ぎるため、利用できる
「上限」が設けられています。

これは、スーパーが赤字覚悟で用意した
目玉商品が「お1人様1個まで」といった
上限が設けられているのと同じです。

本書では、山崎さんが確定拠出年金利用の
3原則を示しています。

  その1. 確定拠出年金は、可能な限り「大きく」
     使おう。

  その2. 確定拠出年金年金は運用の中の
     「一部」と考えよう。

  その3. 運用商品は手数料が安くて
     「シンプル」なものを選ぼう。

本当は、山崎さんが言うように、確定拠出年金は
他の資産運用の一部と考えるのが望ましいですが、
そもそも資産運用自体を考えたことがない方も
いるはずです。

そんな方は、まずは確定拠出年金を限度額の
上限で始めましょう。

この時のポイントは2つだけです。

1つ目は、どこで始めるか。

これは手数料が安い金融機関を選びます。

キャンペーンなどではなく、無条件で、
手数料が無料なのは、2017年7月時点では、
「楽天証券」と「SBI証券」の2択でしょうか。

2つ目のポイントは、何を選ぶか。

これは各社の商品ラインナップの中から、
手数料の安い「インデックスファンド」を
選べばいいでしょう。

本書では、他の資産運用との組み合わせを
考えているので、いくつかのパターンが
示されています。

確定拠出年金は始めてから、
後で、投資配分を変えることもできます。

そこで、まず「MSCI-KOKUSAI」の指数に
連動した海外株式のインデックスファンド
のみで初めてもいいと思っています。

さすがにそれは少し乱暴すぎると感じる方は、
本書を読んで勉強してください。

本書は、非常に簡潔にまとめられた
確定拠出年金を始めるための入門書です。

この本から何を活かすか?

ちなみに、私はSBI証券で確定拠出年金を
利用しています。

また、次のサイトでは、確定拠出年金の
節税効果のシミュレーションができます。

提供しているのは、日本インベスター・
ソリューション・アンド・テクノロジーです。

  節税メリットシミュレーション

試算結果はあくまでシミュレーションであり、
概算金額を示唆・保証するものではないので
ご注意ください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3077-bdb6c91e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT