活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

なぜか好かれる人の「わからせる技術」

満足度★★★
付箋数:25

あなたの「がんばり」は周りの人に、
伝わっていますか?

人は誰でも、本当にがんばっているなら、
それを他人に認めてもらいたいものです。

しかし、残念ながら、あなたの「がんばり」は
周りの人には、ほとんど伝わっていません。

どんなにわかってくれていると思う人でも、
せいぜい「40%」くらいしか、
あなたのことを理解してくれていないのです。

なぜなら、人はビックリするくらい、
他人のことには無関心だからです。

では、あなたの「がんばり」をわかってもらう
ために周りの人に、自己アピールしたら
良いのでしょうか?

実は、「がんばっている」ことを伝えるために、
自己アピールするのは逆効果。

「がんばっている」ことを自己アピール
すればするほど、周りには嫌な人・痛い人と
映ってしまいます。

認められたいという思いが強い人ほど、
かえって認められないというパラドックスに
陥ってしまうのです。

アピールは、口には出さずに、
「かもし出す」もの。

では、一体どうしたら自分の「がんばり」を
認めてもらえるのでしょうか?

  「自分のがんばりを認めてもらいたいときも、
  こちらのがんばりを推すよりも、
  まずは相手のがんばりを認めるのです。
  そうすると、相手もあなたのがんばりを
  認めようとしてくれます。
  人間というのは、自分を認めてくれる人の
  ことは認めたいと思うものなのです。」

だから、わざわざ自分のことを
アピールしてはいけません。

相手のことをしっかり認めてあげれば、
相手も自然とあなたの「がんばり」を
見つけ出そうとしてくれるのです。

本書は、周りがあなたの「がんばり」に
気づき、評価せずにはいられなくなる方法を
伝える本です。

「いざというときに、助けてもらえる
信頼関係」を築くための本でもあります。

著者は、ビジネスコーチとして、
これまで2万人以上の方のビジネスライフを
変えるサポートをしてきた馬場啓介さん。

本書では、次のような直接言葉に出さずに、
あなたの「がんばり」を自然とかもし出す
「習慣」が紹介されています。

  習慣1 「チラ見せ」で相手の好奇心を
    かき立てる
  習慣2 「相手と同じ言葉」で会話する
  習慣3 「1.5秒の間合い」と「噛む」で会話を制す
  習慣4 「評価しないほめ言葉」と「…の技術」
     でほめマスターになる
  習慣5 小さな目標をつくり、自分のこともほめる
  習慣6 失敗したら、しっかり落ち込む
  習慣7 「他人のせい」を「もののせい」にする
  習慣8 否定はせずに「1.5倍の共感」で返す
  習慣9 「敵意」には「好意」で返す
  習慣11 言葉のバリアを取りはらう
  習慣11 「天使の口ぐせ」で好意的な空気をつくる

あなたの「がんばり」を伝えるのは、
一発勝負のアピールではありません。

日頃からの「習慣」がジャブのように
ジワジワと効いてくるイメージです。

一見遠回りのように見える、コツコツと
ジャブを出し続けることが、周りから
認められる、一番の近道なのです。

本書は「自分のことがわかってもらえない」
という悩みを持つ人には非常に有効な本です。

また、そんな悩みがない方でも活用できる
コミュニケーションを改善するためのヒントが
書かれた本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、「わかってもらえる仕事の三原則」
が紹介されていました。

  原則1.「すぐやる!」
  原則2.「なりきる!」
  原則3.「とことん楽しむ!」

この中で私が面白いと思ったのが、
原則2の「なりきる!」です。

もし、自分が優れたリーダーでなくても、
「優れたリーダーになりきり」ます。

そうすることで、自分の実力が何倍にも
高められるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3075-2312c707

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT