活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

この自伝・評伝がすごい!

満足度★★★★
付箋数:24

最初の企画段階では、成毛眞さんが、
「この人のこんなところを真似したい」
をまとめるのがコンセプトでした。

しかし、そんな本を書いても、
「成毛さんが好きな人物のおまとめ」
と言われてもつまらないと考え、
企画内容を変えたそうです。

  「そこで本書は “私が真似したいこんな人の
  こんなところ” を読者と共有するにあたり、
  その人物に関しての注目すべき才能や
  性格などを把握することができる評伝、
  自伝などを取り上げる。
  私が推薦する本を読みながら、その人物の
  強みを指摘していく、といった設えだ。
  当然、単なる人物伝でも評伝でもない。」

本書は、成毛さんがセレクトした
「すごい人物の本当にすごいところ」
を伝える最強の偉人伝集。

本書は4つの要素から成り立っています。

まず、偉人と呼ばれる人の中から誰を選ぶか。

次に、その偉人について書かれたどの偉人伝
を推薦するか。

さらに、その偉人伝の中から、どの部分を
引用したり紹介するか。

最後に、その引用した部分に対して、
どの切り口で、どんな解釈を加えるか。

  人物 × 偉人伝 × 引用箇所 × 切り口

この4要素の掛け算で書かれたのが本書です。

もちろん、面白い本になるのも、つまらない
本になるのも、最も重要な鍵を握るのは、
最後の「切り口」です。

同じ部分を選んでも、それをどういう視点で
語るかによって、全く違ったものになります。

この切り口に関して、成毛さんは秀逸。

いつも一般の人とは違う、独自の視点を
示してくれますから、本書がつまらない本に
なるはずはありません。

例えば、ノーベル生理学・医学賞を受賞した
山中伸弥さんを偉人として選んだ場合。

成毛さんが山中さんの業績を伝える本として、
選なだのは次の本です。

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞に
ついて聞いてみた


この本からピックアップされているのは、
最終ページの「ご支援のお願い」としての
「iPS細胞研究基金」への寄付のお願いです。

そして、成毛さんが山中さんを評する
切り口は、「研究より予算獲得、学問に
収益性を持ち込んだビジネスマン」でした。

成毛さんが山中さんを賞賛しているのは、
山中さんの持つ「金策力」です。

ノーベル賞を獲ったことではなく、
iPS細胞の研究に大金があつまる競争力を
つけたことなのです。

ノーベル賞を獲った偉人をつかまえて、
その研究業績をさて置き、金策力に感服する
とはなかなか言えません。

本書から見えてくるのは、偉人たちの
これまであまり認識されていなかった
意外な強みです。

  「ここに挙げた人物達の凄みは意外な
  ところであった、という読後感が
  読者にはあるはずだ。もちろんそれは
  狙いのひとつだったが、なぜ、
  こんなことが起こるのか。
  それはとかく人が、ひいては世の中が
  美談を急ぐからだ。美談を急げば、
  本質を見失う。今回、私はその本質を
  ついただけなのである。」

本書で選ばれた偉人達は、たまたま男性のみ
になってしまったようです。

最後に女性の偉人伝による「続編」が
予告されているのが嬉しいところです。

本書では、越井隆さんの人物イラストが、
かなりイイ味を出しているので、
続編でもこのタッグでお願いしたいです。

この本から何を活かすか?

本書で紹介されている偉人は次の20人です。
(敬称略)

  イーロン・マスク、小倉昌男、安藤百福、
  土光敏夫、ビル・ゲイツ、ラマヌジャン、
  山中伸弥、中村修二、岡崎慎司、桂米朝、
  十八代目中村勘三郎、タモリ、田中角栄、
  小泉純一郎、ウィンストン・チャーチル、
  安倍晋三、リチャード・ニクソン、
  保科正之、徳川綱吉、横井小楠

この中で、サッカーの岡崎慎司さんに
ついては、「ネガティブ力」に注目して
いるのが面白かった。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3047-cb8a0023

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT