活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

満足度★★★★
付箋数:24

  「1日24時間は、すべての人間に平等に
  与えられています。しかし現実には、
  能力の差、収入の差、仕事の結果などで
  大きな差が生まれています。
  その理由は、なぜなのでしょう?
  それは、 “時間の使い方” に差があるからです。
  時間の使い方で、人生がすべて決まるのです。」

本書は、精神科医の樺沢紫苑さんが、
2年の歳月を費やして書いた「時間術」の本です。

樺沢さんは、毎日7時間以上の睡眠時間を
確保しながらも、普通の人の4倍仕事をして、
2倍以上遊んでいると言います。

そんな時間の使い方を、樺沢さんの友人は、
「神がかっている!」と表現しました。

そこから本書のタイムマネジメントは、
「神・時間術」と名付けられました。

樺沢さんの時間術には、次の4つの原則が
あります。

  第1原則 「集中力」を中心に時間を考える

  第2原則 集中力を「リセット」して
      時間を生み出す

  第3原則 アメリカ式の仕事効率を手に入れる

  第4原則 「自己投資」のために時間を使う

第1原則の「集中力」を有効に使うのが、
「神・時間術」の最大のポイントです。

脳のパフォーマンスが高い時間帯、
いわゆる脳のゴールデンタイムに、
集中力が必要な仕事を行います。

時間帯と仕事内容の「組み合わせ」を
変えるけで、時間効率は4倍にもなるようです。

ちなみに、集中力の高い時間帯とは、
「起床後の2~3時間」、「休憩した直後」、
「終業間際の時間」、「締め切りの前日」
などです。

私たちは、集中力を自在にコントロール
できるわけではありません。

だから集中力を精神の力だけで、
高めようとすることはやめた方がいい。

それよりも、集中力が自然と高まる時間帯を
多く作って、それを利用すべきなのです。

それが第2原則の「集中力リセット術」です。

集中力のリセットとは、疲労によって下がる
集中力を回復させることを言います。

  「100の集中力を120に高めることは難しい
  のですが、疲労によって低下している
  70の集中力を90に回復させることは簡単
  なのです。なぜなら、適切なタイミングで、
   “休息”  “リフレッシュ” の時間を
  はさめばいいだけですから。」

夜の睡眠時間は7時間以上確保して、
しっかり疲労を回復させる。

昼ご飯を食べたら、20~30分の仮眠を
とって、脳をリセットする。

午後は、疲れる前に適度に休息を入れて、
集中力を回復させる。

そして、本書で特徴的なのは、
起床後の脳のゴールデンタイムと同じ状態を
1日の中でもう1度作る方法です。

それは「運動」による脳のリセット法です。

60分程度の有酸素運動をすると、その後の
時間帯が、第二の脳のゴールデンタイムに
なります。

実際に樺沢さんは、週に4、5回ジム通いを
していて、運動後に執筆をすると、
朝の時間とほぼ同じ効率、同じクオリティの
文章が書けるそうです。

ただし、運動は「やり過ぎ」に注意。

運動をし過ぎると、身体がぐったりして、
かえって能率は下がります。

個人差はありますが、2時間以上の運動は
時間術の観点からは避けるべきです。

30分~90分程度の運動後に、自己投資の
時間を作るといいようです。

本書の時間術は、樺沢さんの個人的な経験
だけを元にしているわけではありません。

医師として科学的な根拠に基づいて、
体系化している点が、信頼できるところ
だと思います。

この本から何を活かすか?

休憩中にスマホを見るのは、脳科学的には、
最もよくない休憩時間の使い方です。

視覚情報で脳は興奮して、休まるどころか、
かえって疲れてしまうようです。

休憩中は、「目をつぶる」のが望ましい。

更に、それよりもっと望ましいのが、
瞑想の1つの型「マインドフルネス」です。

このマインドフルネスの実践方法は、
久賀谷亮さんが書いた『最高の休息法』が
推薦されていました。

今度、読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 時間術 | 08:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3043-e5fe02f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT