活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる

満足度★★★
付箋数:23

  「ドナルド・トランプは、アメリカが世界を
  制覇した二十世紀後半のアメリカ政治の
  仕組みをすべて壊そうとしている。
  トランプがやろうとしていることは、
  アメリカの国家体制に対する反乱であり、
  革命である。トランプによるCIA(中央情報局)
  や商務省、国防総省などの人事を見れば、
  アメリカが五十年かけてつくりあげた
  体制や組織を壊そうとしていることは
  明白である。」

日本のマスコミは、トランプ大統領には
批判的で、前任のオバマ大統領には好意的です。

しかし、本書はオバマ大統領が行った
酷い政策の数々を白日の下に晒します。

そして、それを正そうとするトランプ大統領
によって、かなりマシな状態に戻ることが
言及されています。

著者は、NHKのワシントン支局長を務め、
その後もハドソン研究所主席研究員として、
長きに渡って日米関係の調査・研究を
行ってきた日高義樹さん。

テレビ東京系列で放送されていた
「日高義樹のワシントン・リポート」が
有名ですね。

さて、まずはオバマ大統領への批判です。

  「バラク・オバマという大統領は、
  私がこれまで見てきたアメリカ大統領とは
  基本的に違っている。アメリカ大統領は
  行政府の長で、短期的な問題を処理する
  必要があるが、同時に国家の元首として、
  国家というものを長期的に考えなければ
  ならない。バラク・オバマはそうした考えに
  至らなかったために、すべて短絡的に
  処理して、大統領としての自らを、
  短絡的な政治の現象の一部にしてしまった
  のであった。」

オバマ大統領については、日本ではあまり
言われていませんが、「口先だけの政治家」
という評価なのです。

日本は自国の安全を、自分で守ることを
考えない、類まれな平和ボケした国です。

第二次世界大戦の犠牲があまりにも
大きかったために、戦争の意味をモラルの
立場からしか考えられなくなりました。

だから平和主義で耳障りの良いことを言う
オバマ大統領には好意的だったのでしょう。

しかし、トランプ大統領の就任によって、
日本は現実に引き戻されることになります。

いつまでも日本だけが「おとぎの国」では
いられないのです。

日本は第二次世界大戦以降、戦うための
軍事力を放棄し、アメリカが提供してくれた
日米関係という枠の中で、安定した経済成長を
続け、国民生活を豊かにしてきました。

  「日本の人々は “国を守るために軍事力には
  頼らない” というユートピア的な平和論を
  唱えつづけてきたが、それができたのは、
  非道徳な兵器であると批判する核兵器の
  傘の下に庇護されているからである。」

日本は、軍事力のうちもっとも重要な
核抑止力をすべてアメリカに依存してきました。

トランプ大統領は、「日本は日本を守っている
アメリカ軍の費用を十分に負担していない」
と日本の防衛体制と姿勢を批判しています。

日高さんは、こうした批判を受け、
日本が自国を自らの手で守れる国に変わる
大きなチャンスであると捉えています。

  「トランプの登場は日米関係を劇的に、
  根本的に変えるきっかけになる。
  日本は短期的な問題を解決するだけでなく、
  長期的な戦略を自らの手で構築し、
  日本の安全を守るだけでなく、周囲に
  安定した状況をつくりあげるための努力を
  始めなければならない。日本が国際社会で
  完全に独立するための大きなチャンスが
  やってきたのである。」

この本から何を活かすか?

オバマ大統領は、アメリカ人のすべてを
医療保険に加入させる医療保険制度、
いわゆるオバマケアをつくりました。

オバマケアによって、2000万人が新しく
医療保険に加入できたと報道されています。

これは、本当に歴史的な業績と言えるのか?

実際のオバマケアは、数百万の人が
新しく医療保険に加入できましたが、
これまで自力で医療保険を払ってきた
中流階級に大きなシワ寄せをしています。

そのため、アメリカ最大の医療保険会社が
オバマケアから離脱。

更に、低所得者だけに有利な不公平な制度
としてアメリカ各地で訴訟も起きています。

トランプ大統領は、このオバマケアを
実質的に終わらせようとしているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 07:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3036-22c17b04

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT