活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

宝くじで1億円当たった人の末路

満足度★★★
付箋数:17

宝くじに当たった多くの人に取材を行い、
その人たちが、宝くじに当たった後、
どのような人生を送ったのかを描く・・・。

タイトルから、こんな内容をイメージするかも
しれませんが、そのような本ではありません。

本書は、人生において1つの選択をした後、
最終的にどのような「末路」が訪れるのかを
その道の専門家にインタビューした本です。

  「ここで紹介するのは、 “結婚” や
   “マイホーム購入” 、 “進路” といった
   “自分の意思で決められる選択” だけでは
  ありません。 “宝くじ当選” のような、
   “受動的な選択” も含まれます。
  それはそれで、その末路を知っておくことは、
  思わぬ幸運(不幸)が舞い込んだ際の
  心構えになると思います。」

本書に登場するのは24のパターンの末路です。

  ・宝くじで1億円当たった人の末路
  ・キラキラネームの人の末路
  ・賃貸派の末路
  ・自分探しを続けた人(バックパッカー)の末路
  ・8時間以上寝る人の末路

本書のタイトルの「宝くじで1億円当たった人」
は、あくまで24の末路の中の1つです。

また、「末路」とありますが、必ずしも不幸に
なるとは限りません。

「賃貸派の末路」では、むしろ「持ち家派」
より、人生の自由度が増すという結論に
なっています。

さて、肝心の「宝くじで1億円当たった人」は
その後、どのような人生が待っているのか?

家族・親族内でトラブルが起きることが
最もポピュラーです。

家族はもちろん、それまで縁遠かった親戚
までもが、直接・間接的に「おすそわけ」を
要求してくるようです。

そして、家族の間でも、お金以外の話題が
食卓の会話に出なくなる。

こんなことが起こるなら、宝くじに当たっても
「黙っていよう」と考える人も多いはず。

しかし、当たる前にこう思っていても、
実際は多くの人はバレてしまうようです。

我慢しきれずに自らカミングアウトする人も
いるし、隠そうとしてもついつい生活が
派手になり隠しきれなくなる人もいます。

「自分は大丈夫」と思っている人ほど危険。

そして、1億円は一度使い始めると、
想像以上の速さでなくなっていく。

1億円当たって今の仕事を辞めたり、
自分で事業を起こした人たちは、
冷静な判断や緻密なプランを欠いていて、
失敗している人も多いようです。

結局、宝くじに当たったときの正しい行動は、
まず、税理士や弁護士に相談する。

次に、複数の金融機関などに相談して、
今後の資金プランをきちんと立て、
「今の生活を変えない」こと。

決して、今の仕事を辞めず、
人付き合いも何も変えないことです。

ですから、宝くじが当たったときの「夢」を
思い描いたり、その夢を実現しようとしない
ことが、最も正しい選択なのです。

更に、身も蓋もない結論が続きます。

  「当たっても当たらなくてもろくでもない
  末路になるなら、 “そもそも宝くじは
  買わないという選択が正しい”
  という結論にならざるを得ません。」

宝くじは、数あるギャンブルの中でも、
最も割に合わない賭け事です。

テラ銭と呼ばれる控除率は約50%。

期待値で考えると、たくさん買えば買うほど
マイナスになります。

それが宝くじが「愚か者に課せられた税金」と
言われる所以です。

この本から何を活かすか?

宝くじで当たる夢を見たい人に、
本書で是非、聞いて欲しいと推奨されて
いたのが、古典落語の「芝浜」です。

魚屋の勝が、浜辺でとんでもない大金が
入った財布を拾うという話しです。

私はこの話、アニメの『昭和元禄落語心中
で聞きました。

確か、このアニメの「助六再び篇」に
出てきたと記憶しています。

Amazonプライムでは、シーズン1も2も
無料で見れますからオススメ。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:07 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3032-2fd3d817

TRACKBACK

宝くじで1億円当たった人の末路  鈴木信行

宝くじで1億円当たった人の末路  鈴木信行 「宝くじで1億円当たったら……」。 こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。 果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか…

| サラリーマンの集い | 2017/08/12 06:01 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT