活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方

満足度★★★
付箋数:22

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、今働いて得ている給料とは別に、
働かなくても入ってくる副収入を得たいと
思いませんか?

正直、誰にとっても本業以外の収入が
あるに越したことはありません。

しかし、「そんなウマイ話、あるわけない」、
「そんなの怪しい話に決まっている」。

こう思ったあなたの感性はマトモです。

ラクをして、勉強もせずに、リスクも取らずに
簡単に儲ける話など、世の中にはありません。

しかし、少しばかりの勇気と好奇心を持って、
順番を間違えずに勉強しながらやっていけば、
平凡なサラリーマンでも、給料以外に
毎月継続的にお金が稼げるようになる。

これが本書の著者、小林昌裕さんの主張です。

  「本書では、しがないサラリーマンだった
  僕が、何もわからない状態から手探りで
  積み上げてきたストックビジネスの
  ノウハウを、みなさんに公開していきます。

  ゴールは人それぞれあると思いますし、
  向き不向きや運もありますから、
  この本を読んだからといって誰もが
  年収1億円を超えられるようになるとは
  思いません。」

小林さんは、ロバート・キヨサキさんの
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん』を読んだ影響で、
2009年から不動産投資を始めました。

そして、徐々に投資を増やすと同時に
収入の柱を複線化して、6年後には
売上ではなく年収が1億5000万円に達する
ようになりました。

本書では、「ストックビジネス」で収入を
着実に増やしていく手法を公開します。

ちなみに本書のストックビジネスとは、
一度仕組みを作ってしまえばお金が入って
くるビジネスのこと。

このストックビジネスの理想形は、
「ひとりでできる」「定期的に課金される」
「自分が働かなくてもいい」の3つの条件が
揃っていることです。

  「僕のやり方で最も大事なのは、
  ビジネスに着手していく順番です。
  (中略)
  最初に手をつけるビジネスに関しては
  僕の教えを守ってもらうことが賢明だと
  思います。

  では、最初に手をつけるべきビジネスとは
  何か?

  それはズバリ、不動産投資です。」

不動産投資と聞くと、かなりの資金がないと
始められないというイメージを持つ方も
いますが、そんなことはありません。

不動産投資の最大のメリットは金融機関で
ローンを組んで始められること。

安定したサラリーマン収入などがあると、
ローンも組みやすく、自己資金をあまり
使わずにビジネスを始められるのです。

それに加え、定期的な安定収入があり、
人に任せて自分が働かなくてもいいので、
ストックビジネスの理想に適っているのです。

そして、不動産で毎月50万から100万円
のキャッシュフローが得られるようになれば、
それ以外のビジネスへと収入の複線化を
図っていきます。

小林さんが年収1億5000万円になるまでには、
次の3つのステップをたどりました。

最初のステップは不動産投資などの
「自動課金系」のビジネス。

この段階で、食べるのには困らないレベル
までいくことが大きなポイント。

次のステップは、株式投資、FX、物販などの
「実働系」のビジネスです。

最後のステップは、セミナー講師等をやって、
今まで稼いできたノウハウを人に教える
「情報発信系」のビジネスです。

この手の年収1億円以上を謳う本は、
私は怪しい印象を持っていましたが、
この本は読んでみると非常にマトモでした。

リスクが全くないとは言いませんし、
紹介されているものの中には「これ大丈夫?」
と思う選択肢もありましたが、全体的には
リスクを分散しながら収入を増やす
段階的な方法が解説されていると思いました。

この本から何を活かすか?

  「お金を増やすことのできる人というのは、
  慎重でありながら、外すべきときに
  マインドブロックを外せる人です。」

大切なのは、自分の取れるリスクの許容範囲を
見極めて、その中でチャレンジすることです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 06:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3029-9fe39244

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT