活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

3週間で身体と心が劇的に変わる 最強ボーンブロス食事術

満足度★★★
付箋数:20

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「ボーンブロスは骨を煮込んだ単なるだし汁
  ではない。ただのスープでもない。
  癒やしの要素が凝縮された食べ物だ。
  豚や牛の骨、家禽類の骨、または魚の骨を
  何時間も煮詰めると、栄養素がたくさん
  詰まった “黄金のエキス” ができる。
  こうしてできたボーンブロスは、
  世界でもっとも古くからある強力で
  栄養たっぷりの料理なのだ。
  さらに、皆さんがまだ知らないことがある。
  ボーンブロスにはそれ以上の力があることだ。
  この驚異の食べ物は、体についた贅肉を
  落とし、アンチエイジングにも効果的だ。」

ボーンブロスとは、鶏、魚などの骨を長時間
煮込んで、そのエキスを抽出したスープ。

このボーンブロスはアメリカで話題になり、
女優のグウィネス・パルトロウさんや
シェイリーン・ウッドリーさんも愛飲し、
ニューヨークには、専門店があるほどです。

本書は、そのボーンブロスを使った21日間の
ダイエット・プログラムを紹介する本。

著者は、自然療法の認定専門医であり、
栄養士の資格を持つコンサルタントの
ケリアン・ペトルッチさんです。

ダイエットの原理は、糖質ダイエットに、
プチ断食を加えて、空腹をボーンブロスで
満たすという比較的シンプルなもの。

1週間の内、5日間は糖質ダイエット食
(本書ではOK食品と言います)で、
2日間はプチ断食のサイクルを3週続けます。

例えば、次のようなメニューです。

  日曜:プチ断食 ボーンブロス6杯
  月・火:OK食品+ボーンブロス2杯
  水曜:プチ断食 ボーンブロス6杯
  木~土:OK食品+ボーンブロス2杯

炭水化物や砂糖を使った食べ物を摂らず、
それにプチ断食を2日入れますから、
摂取カロリーも抑えめです。

それにエクササイズも加えますから、
痩せないはずはありません。

本書の方法を実践して、3週間で4~7キロ
痩せるというのは、全然不思議ではなく、
むしろ納得感があります。

ボーンブロス・ダイエットの最大の特徴は、
短期間で痩せても、シワっぽくならないこと。

逆に肌がキレイになり、シワも目立たなくなる
という驚きの効果があるそうです。

  「大抵の場合、ダイエットをすると肌が
  荒れる。ダイエットのせいで肌細胞から
  水分と健康的な脂肪と栄養が失われ、
  細胞が弱々しくなって老化するからだ。
  しかしこのダイエットでは、余分な脂肪分を
  減らすと同時にしわも減らし、肌の輝きを
  取り戻すことができる。」

それは、そもそもボーンブロスを飲むと、
に次のような効果があるからです。

  ・脂肪を増やさず、満腹感を与える
  ・コラーゲンを構成する要素が多く含まれる
  ・体から毒素を輩出する
  ・腸を癒やす
  ・関節を癒やす
  ・炎症を抑える

本書は、350ページ超のけっこう分厚い本です。

なぜ、それ程までにページ数が多いのか?

それはダイエットメニューのレシピと
献立が非常にたくさん紹介されているから。

第2部の「レシピ、献立、作りおきのコツ」
だけで、実に150ページもある充実ぶりです。

お金がかかるダイエットではありませんし、
3週間という明確な期限もありますから、
これまでダイエットに失敗してきた人は、
試す価値はあると思います。

この本から何を活かすか?

チキン・ボーンブロスを作るのは、
準備時間は15分ほど、煮込みなどの調理に
要する時間は4~6時間ほどです。

以下、ボーンブロス4.5L分の材料です。

 鶏の骨、鶏ガラ・・・1.3Kg以上
 鶏足・・・6~8本
 丸鶏・・・1羽
 ドラムスティック、骨付きもも肉、手羽先
 ・・・4~6本
 リンゴ酢・・・1/4~1/2カップ
 水・・・鍋に入れた骨と肉が隠れる程度
 にんじん・・・2~4本
 オーガニックセロリ・・・3~4本
 たまねぎ・・・1個
 トマト・・・1個
 クローブ・・・1~2個
 黒こしょうの実・・・小さじ2
 パセリ・・・1束

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| その他 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3027-1a5ce758

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT