活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ウケる! 大人の会話術

満足度★★★
付箋数:19

  「会話をうまく勧めることができれば、
  他人と心がつながりあう。
  話がはずめば心もはずんで生活が楽しくなる。
  会話がうまくなる方法を、いろんな角度から
  雑談風に考えてみよう。
  会話のことはいくつかの実例から学んで
  いくしかない。具体例をあげて、
  そこからくみとっていくことにしよう。」

本書は、作家・清水義範さんが、
様々なシチュエーションでの「会話」
について論じた本です。

ご存じの方も多いと思いますが、
清水さんはパスティーシュ作家の第一人者。

パスティーシュとはフランス語で、
作風の模倣のことです。

かなり昔の作品ですが、司馬遼太郎さんの
文体で猿蟹合戦を語った短編を含んだ
蕎麦ときしめん』。

英語教科書でおなじみのジャックとベティが
50歳でバッタリ再会した設定で書かれた
作品を含む『永遠のジャック&ベティ』。

予備校講師の学習参考書のパロディーなどを
収録した『国語入試問題必勝法』。

これらは短編小説で、いずれもユーモアに優れ
笑える作品集でした。

また、清水さんの作品は短編だけでなく、
長編小説も秀逸。

コピーライターと大女優の恋愛から、
ニッポンの言葉をめぐる問題を取り扱った
愛と日本語の惑乱』も爆笑必至です。

もし、清水さんの小説を読んだことがない
方がいれば、Kindleでダウンロードするなり、
図書館で借りて読んで欲しいですね。

その優れたユーモアのセンスに、
思わず顔がほころんでしまいます。

こういった清水さんの作品群があるので、
本書には「ウケる!」というタイトルが
ついたのでしょう。

しかし、残念ながら本書はそこまで、
ウケなかった。

実例が満載というより、紙面の半分くらいは
対話例が掲載されているようなイメージですが、
小説と違って、個人的にはそこまでの面白さは
感じませんでした。

これは、清水さん書く本だから面白いという
高い期待値があってのことです。

本書で私が参考にしたいと思ったのが、
不意に受けた悪口に対しての切り返し方法です。

特に職場での会話では、軽口で言っている
相手に対して、正面切って反論してしまうと、
気まずい状況になってしまいます。

本書で紹介されていたのは、
次のような返し方です。

 悪い切り返し例)
  「しかしまあ、やっつけ仕事だねえ」
  「失礼なこと言わないでください。
  どこがやっつけ仕事なんですか。(怒)」

 良い切り返し例)
  「しかしまあ、やっつけ仕事だねえ」
  「◯◯さんとは違います(笑)」

これをあくまで冗談のように言います。

相手が軽口めかして言っているのに対して、
こちらも軽口めかして言い返すのがコツ。

そして、本書ではうまい会話の極意として
次のようなアドバイスで締めくくられて
いました。

  「会話を楽しくして、相手を気持ちよく
  させるのは、一種の介護なのだ。
  相手の心を前向きなものにするのだから、
  立派な介護である。そして、介護の必要が
  ある時はそのための労を惜しんではいけない。
  真面目にきっちりとやるべきなのである。」

この本から何を活かすか?

話しがうまい人は、上手な比喩を使います。

しかし、本書ではオリジナルな比喩が
考えつかない場合の「比喩探しの裏ワザ」が
紹介されていました。

それは、ことわざやよく使われる言い回しを
引用する比喩です。

  「そんな、火中の栗を拾うような
  危ないことはやめておきなさい」

  「それじゃあまるで、盗人に追い銭の
  ようなものじゃないの」

  「そんな、寝た子を起こすようなことを
  しちゃいけない」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3022-3a5b1f1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT