活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

すべての教育は「洗脳」である

満足度★★★
付箋数:24

このように書くと、両方のファンの方から
反感を買いそうですが、本書を読んで、
私は、あらためて実感しました。

堀江貴文さんと、大前研一さんは似ている。

私のこの感想が、お二人の耳に届くことは
ないと思いますが、こう言われると、
きっとご本人たちも嫌がることでしょう。

それは、お二人とも他人とは違う人生を
歩んできたという自負があるから。

大前さんの方が、主張もやっていることも
大人のやり方で、「国家」を敵とみなします。

堀江さんは、若い世代に届きやすい言葉で語り、
世間の「大人」を敵とみなします。

それでも主張に耳を傾ければ向けるほど、
同じことを言っていることがわかります。

さて、本書は堀江さんによる学校不要論です。

「学校教育=洗脳」という、良くも悪くも
世間が過敏に反応しそうな言葉を選んでいる
ところが堀江さんらしいところです。

どんな言葉を使うと、世間の大人たちが、
目くじらを立てるかをよくわきまえています。

  「日本には、僕のような “我慢しない人” を
  軽蔑する文化がある。
  そして “我慢強い人” を褒め称える文化がある。
  どんなに不満があっても、どんなに理不尽な
  状況に置かれても、それを耐え忍ぶことを
  美徳とし、耐えしのいだ先にこそ “成功” が
  待っているような言説がまかり通っている。
  ほとんどマインドコントロールに近い
  不条理なこの呪いが、この国全体を覆っている。

  その原因は何か?

   “学校” なのである。
  旧態依然とした学校教育の中で、日本人は
  洗脳されている。やりたいことを我慢し、
  自分にブレーキをかけ、自分の可能性に
  蓋をすることを推奨する恐ろしい洗脳が、
  白昼堂々なされているのが今の学校なのだ。」

学校はもともと、子どもという原材料を
使って、「産業社会に適応した大人」を
大量生産する工場だった。

それは、優秀で従順な国民を
作り出すための国家が考えた戦略。

しかし、インターネットの登場によって、
そもそもの「国民国家」という概念が
消失しつつあると堀江さんは考えます。

大前さんが昔から主張していることでは、
インビジブルコンチネント(見えない大陸)
の出現に該当する考えです。

これまでの国という概念が違っているので、
必要とされる人材も異なります。

当然、それを作り出してきた学校の
存在意義も問われるべきだと
堀江さんは考えます。

そして、本書で最も堀江さんが伝えたいのが、
「ハマることの大切さ」です。

寝食を忘れるくらい、自分がやりたいことに
没頭する体験をしてみる。

そうすると、新しい道が拓けてくる。

堀江さんが考える「学び」の本質とは、
「没頭」です。

脇目もふらずに没頭し、がむしゃらに
取り組める体験のすべてを「学び」と
考えます。

やりたいと思うことがあれば、
我慢せずにやってみればいい。

そして、没頭できることが見つかれば、
それが学びになり、ビジネスになることもある。

会社だって、やりたいことの邪魔になるなら、
いますぐ辞めればいい。

会社をいますぐ辞められないと考えるのも、
長い間、学校で洗脳され続けてきたかた。

学校では、「常識」を植え付け、
人生にブレーキをかけることを教えている
と堀江さんは考えます。

本書で堀江さんが提唱するのは、
「遊ぶ」「働く」「学ぶ」を同化させた、
三位一体の生き方です。

個人的には、最近の堀江さんの本の中では、
熱いパッションを感じる本でした。

この本から何を活かすか?

堀江さんは、これからの時代、
3種類の人材がいることを説明しています。

1つ目は、国家の幻想を捨てて、
インターネット空間の感覚そのままに、
自分のやりたいことを、グローバルに、
合理的にやっていく「G人材」。

2つ目は、仲間との絆を大切にして、
地元にとどまる、ローカル重視の「L人材」。

この人材は変化を嫌う特徴があります。

基本的には、「G人材」と「L人材」の2つに
分かれていくようですが、このどちらにも
行けない人は、3つ目の「N人材」になります。

「N人材」は、時代の変化について行けず、
グローバルな価値観も受け入れられず、
ローカルで穏やかに過ごすことにも
踏ん切りがつかない、国家に縛られた人材。

本書が最も避けたいのは「N人材」で、
目指すのは「G人材」になることです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3021-24d9adf0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT