活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術

満足度★★★
付箋数:17

  「現在、ビジネスパーソンに求められて
  いるのは、場所や時間に応じて最適な
  ツールで必要な情報を引き出し、編集し、
  他人と共有すること、できるだけ無駄を
  排除し集中できる環境で仕事するという
  ことです。つまり、スマホやパソコン、
  アプリ、通信回線、クラウドサービスなどを
  使う上で、どれを選んで活用するかで、
  仕事の質が変わるということとなのです。」

私は、スマホにあまり多くのアプリを
入れていません。

できるだけアプリを増やさずに、
スマホを快適に使えるようにしたい。

そう思って手にしたのが本書です。

結果、何度も自分のスマホの設定を
見直しましたが、新しいアプリを
ダウンロードすることはありませんでした。

快適に使えるようになるかどうかは、
これからの活用次第です。

本書の著者、石川温さんは、雑誌を中心に
スマホ関連の記事を多く書いてきた方です。

NHK Eテレ「趣味どきっ!はじめてのスマホ」
の講師や、All Aboutでは携帯・スマホの
ガイドも務めています。

  「私は初代iPhoneを手にしてから10年間、
  100種類以上のスマホを試し、アプリも
  数えきれないほどダウンロードし、
  あれこれ通信会社を比較、検討して大量の
  原稿を書いてきました。この本にはその
  試行錯誤から得られた、今最も快適だと
  思えるスマホとパソコンの活用術を
  詰め込みました。」

クラウド、メール、スケジュール、名刺管理、
オフィスアプリ、写真整理、メモ、SNS、地図

本書では、スマホとパソコンを効率的に使う
49のメソッドをわかりやすく解説します。

この手の本は、「旬」がありますから、
できれば刊行されてから6ヶ月以内には
読んでおきたいところです。

また、最新情報を追いかけ続けるのは
けっこう疲れるので、毎月でなくても、
1年に1、2回は、自分のスマホやパソコンの
環境を確認しておきたいものです。

その意味では、本書で自分の環境をチェック
したのは、ちょうどいい機会になりました。

石川さんが、本書を執筆した時点での
オススメのクラウドサービスは以下の通りです。

 ・メール → グーグル「Gmail」
 ・文書作成 → マイクロソフト「Office365」
 ・ストレージ → マイクロソフト「OneDrive」
        +グーグル「Googleドライブ」
 ・写真の保存 → グーグル「Googleフォト」
 ・手書きのメモ → マイクロソフト「OneNote」
 ・仕事上のメモ → グーグル「Google Keep」

この中で、私が活用しようと思ったのが、
グーグル「Google Keep」です。

このアプリはスマホに入れていましたが、
これまであまり使っていませんでした。

チェックボックス形式のメモが作れたり、
いつも画面の上部に固定するピン刺し機能が
あったり、リマインダー機能があったり、
必要最小限の機能が揃っているようです。

リマインダーが、InboxやGoogleカレンダーと
連動するのが、使おうと思った理由です。

  第1章 自分に合った最強のクラウド環境を
    手に入れる
  第2章 未処理・見落としのないメールの
    仕組みを作る
  第3章 スケジュール調整や名刺管理の
    ミスをなくす
  第4章 ファイルの作成&管理にはコツがある
  第5章 浮かんだアイデアは確実に
    「メモ」に残す
  第6章 SNSをビジネスでも最大限活用する
  第7章 スマホの力をもっと引き出す
  第8章 セキュリティ術を身に付けて
    情報漏れを防ぐ

この本から何を活かすか?

私が使っていないアプリで気になったのが、
名刺管理アプリ「Eight」。

基本的な機能であれば、無料で使えるにも
かかわらず、アップされた名刺の画像を
「人力」で入力してくれるそうです。

  「Eightのセンターで人が1枚1枚目視で
  確認し、手入力でテキスト化され、
  ユーザーのデータベースを更新していきます。
  機械で読み取るわけではないので、
  かなり正確なのです。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3014-db082a3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT