活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ささやかな知のロウソク―ドーキンス自伝2

満足度★★★
付箋数:23

  「『好奇心の赴くままに』とちがって、
  私の自伝のこの第二巻は、単純に時系列に
  沿ったものではないし、私の70歳の誕生日
  からの1回のフラッシュバック的回想でさえ
  ありません。むしろこれは、テーマによって
  分けられ、横道への脱線と逸話によって
  区切られた、一連のフラッシュバックです。
  厳密な年代順に従うことをやめたので、
  テーマの順序はいくぶん恣意的であります。
  第1巻で私は “私をかくあらしめるに
  与ったものが何かというかぎりにおいて、
  オックスフォード大学こそそれだった” 
  と言いました。ならば、その鮮やかな
  大理石の壁をもつ大学に私が帰還した
  ところから始めない理由はないでしょう。」

本書は、リチャード・ドーキンスさんの
自伝2部作の完結編。

ドーキンスさんは、どのようにして、
「利己的な遺伝子」、「延長された表現型」、
「ミーム」などの概念を着想したのか。

その当時を思い出して振り返っています。

ドーキンスさんと言えば、世界で最も有名な
進化生物学者の1人です。

その名声は、1976年の著書『利己的な遺伝子
の発表によってもたらされました。

それ以降は、純粋な科学者というよりも、
科学「啓蒙者」として精力的に活動しています。

生粋のダーウィニストで無神論者、
それどころか宗教批判者として有名です。

キリスト教文化が背景にある欧米において、
神は妄想であるThe God Delusion)』
なんていう本をよく執筆したなと思います。

進化論さえまともに学校で教えていない
文化の中で、反迷信、反・非合理主義を
徹底して主張しているのは凄いことです。

ちなみに『神は妄想である』も150万部以上の
ベストセラーになっています。

本書は、世間を騒がしてきたドーキンスさんの
論争を振り返っている部分もありますが、
目を引くのは、自慢話も含んだかなり豪華な
交遊録です。

どうしてこんなに凄い人脈を持つのかと
思ってしまいますが、これはドーキンスさん
ならではの特別なことです。

登場する科学界の著名人の一部を挙げると、
ジョン・メイナード・スミスさん、
ウィリアム・ドナルド・ハミルトンさん、
スティーヴン・ワインバーグさん
ピーター・メダワーさんなどなど。

その綺羅びやかな交遊録は巻頭に24ページの
カラー写真としても収められています。

私が本書で興味を持ったのは、英国王立研究所の
クリスマス講演をドーキンスさんが引き受けた
経緯です。

クリスマス講演とは、イギリスの科学者、
マイケル・ファラデーさんが1860年に
子供向けに行った由緒あるレクチャーです。

有名な『ロウソクの科学』はその講演内容を
収めたもの。

この王立研究所の講演は、季節は違いますが、
日本でも実施されたこともあり、
ドーキンスさんは、その時に来日しています。

クリスマス講演での来日や小笠原諸島への
訪問は「至福の島」の章に書かれています。

本書は600ページを超えるかなり分厚い本ですが、
ドーキンスさんファンにとっては、
そのウィットに富んだ文章をもっと読みたいと
思うことでしょう。

翻訳は、『利己的な遺伝子』の増補版以降、
ドーキンスさんの著作のほとんどを担当する
垂水雄二さん。

神は妄想である』、『進化の存在証明』、
好奇心の赴くままに』など、最近の本は、
ずっと垂水さんが翻訳しているので、
安心して読むことができます。

この本から何を活かすか?

「コンコルドの誤謬」もドーキンスさんが
生み出した表現です。

これは経済学で言う「埋没費用効果
(サンク・コスト)」の比喩表現です。

それまでの投資を惜しんで、途中で開発を
やめられなかった音速旅客機コンコルド事業の
失敗例から名付けられたもの。

タムシン・カーライルさんとの共同論文で
発表され、『利己的な遺伝子』の中でも
使われている表現です。

こういった種類の表現が本当にドーキンスは
上手いですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3007-f57be921

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT