活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

アイデアはどこからやってくるのか

2017年04月01日
アイディア・発想法・企画 0
満足度★★★★
付箋数:24

アップルシード・エージェンシーの山田さん
から献本いただきました。ありがとうございます。

  「この本の位置づけは、『考具』で
  書き足りなかったところを補足するような
  役割になっているのかなと。
  併せてお読みいただければ幸いです
  (カブっているところはそれだけ重要視
  している、ということで…お許しを!)。」

考具』とは、加藤昌治さんが著した
アイデア発想術の名著で、2003年に
刊行されてから、今でも売れ続けている
ロングセラーです。

私も、この本を多くの人に勧めてきました。

本書は、その『考具』の基礎編に位置づけられた
アイディアパーソンになるための本です。

アイディアパーソンとは、本書では、
次のように定義されています。

  「まずは、公私を問わず、どんな課題に
  対してもくだらない案を含めて
  アイディアをたくさん出す人。
  そして、公私を問わず、どんな課題に
  対しても素敵なアイディアをたくさん出し、
  それを企画として仕上げる能力のある人。」

では、そもそもアイディアとは、
一体、何なのか?

本書で中心として使うのは、
ジェームズ・ウェブ・ヤングさんによる
有名な定義です。

  「アイディアとは既存の要素の新しい
  組み合わせにしか過ぎない」

これは古典的名著『アイデアのつくり方
の中で示されていた考えです。

アイディアを生み出すには、
既存の要素をどこかから見つけてきて、
それを組み合わせればいいのです。

ここで重要なのは、組み合わせよりも、
既存の要素をどうやって集めるか。

既存の要素の出どころは、
自分が知らないことを外から持ってくるか、
すでに知っていることを自分の内から
思い出すかのどちらかです。

ここで問題となるのが、知っていることが
すべて思い出せるわけではない点です。

「知っている≠思い出せる」なのです。

  「地味かもしれませんが、意外に大事で
  効くのは “既存の要素” の取り扱い。
  直接体験、間接体験、知識をどのように
  探し出し、脳裏に取り込み、
  かつ忘れないように活性化しておくか。
  アイディアパーソンにとって必要な
  既存の要素を常に、自分の手の届く場所に
  引き寄せておくのか。他人事でなく
  自分ごと、として続けられるか? が焦点。」

そのための方法として本書で紹介されて
いるのが「たぐる」という技法です。

「たぐる」の技法を使うと、自分の知らない
ことを外から手元に引き寄せることも、
自分の知っていることを、記憶の表層に
上がらせることもできるのです。

「たぐる」で自分ごと化する技は、
「ぶつかる」、「思い出す」、「押さえる」、
「ほる」の4つの小技に分解されます。

この4つの小技をいくつか組み合わせ、
できるだけ多くの既存の要素を集めます。

本書では、この技をケーススタディで学び、
細かな疑問点は章末のQ&Aで答える構成で
書かれています。

本書は2009年に講談社より刊行された
『アイデアパーソン入門』の改訂新版です。

旧版から30%ほど改稿さているようで、
私は2009年当時、旧版を読んでいますが、
結構変わった印象がありました。

本書と『考具』、そして後日紹介予定の
チームで考える「アイデア会議」』。

これら加藤さんの3部作は、
アイディアを考える人にとっては、
是非、揃えておきたい本だと思います。

この本から何を活かすか?

アイディアは、量が質を生むので、
まずは、たくさん出すことが重要です。

そしてアイディアは、ちょっとの違いが大違い。

少しズラしただけで、平凡なアイディアが
斬新なアイディアに生まれ変わります。

だから抽象度を上げて考えてはいけません。

  「アイディアを出すときは、抽象度を上げない。
  あえて固有名詞など具体的な表現を使って
  みてください。ちょっとの違いを尊重する
  ことがアイディア量産のヒケツです。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません