活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか

満足度★★★
付箋数:22

左右社の樋口さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

本書は次のような「妻」にオススメです。

  □ 夫と一緒にいるとイライラする
  □ 夫がしとほしいことをしてくれない
  □ 夫がなかなか話しを聞いてくれない
  □ 夫にも家事・育児をしてもらいたい
  □ 夫の借金グセや無駄遣いが気になる
  □ 嫁姑問題で夫が助けてくれない
  □ 夫の親の介護のことで悩んでいる
  □ 夫と一緒に生きていく自信がない

また、次のような「夫」にもオススメです。

  □ 妻がなぜ不機嫌なのかわからない
  □ 妻からの小言が苦痛でしょうがない
  □ 妻が恐ろしいので帰宅したくない
  □ 妻と子どもの教育のことでぶつかる
  □ 妻が実家に帰ってしまった
  □ 妻から「離婚して欲しい」と言われた
  □ 「うちは問題ない」と思っている
  □ 老後も妻と一緒に生活したい

相手と過ごす時間が長くなればなるほど、
相手のことがよくわかるようになりそうな
ものですが、夫婦に関しては不思議と
その逆の現象が起こります。

夫婦では、関係が長くなるにつれ、
相容れないことが浮き彫りになり、
相手のことがどんどんわからなくなります。

もっと状況が進むと、相手のことを理解
したいとも思えず、一緒にいること自体が
苦痛になってきます。

そなれば、子どもの問題を除くと、
気持ちは離婚へ向けて一直線。

本書は、そうならないために夫婦が
あらかじめお互いの違いについて、
よく知っておくための本です。

  「本書を読むことで、 “夫婦という絆” に
  ハメられた夫や妻が陥りやすい “罠” を
  理解することができるでしょう。
  現在、罠にハマっている人は、そこから
   “抜け出すヒント” を得ることができます。
  また、まだ罠にハマっていない人は、
  事前にその仕掛けを知ることによって、
  罠を回避することができ、
  よけいな衝突をせずにすみます。
  夫婦関係は “相手を知り、ちょっとしたコツ
  さえつかめば、うまく機能していく” ことを
  多くの人に知っていただきたいのです。」

本書の著者は、これまで7000件以上の夫婦に
アドバイスしてきた「夫婦問題カウンセラー」
の高草木陽光さん。

これまで「ホンマでっか!?TV」「教訓のススメ」
「モーニングショー」などのテレビ番組をはじめ、
多くのメディアに夫婦問題の専門家として
登場して活躍している方です。

本書では、夫と妻の考えはこんなにも
違うのかと思える、38項目を挙げ、
その対処方法をアドバイスします。

  夫は、信頼してほしい
  妻は、心配してほしい

  夫は、目的があるから買いに行く
  妻は、目的がなくても買いに行く

  夫は、時速10キロで父親になる
  妻は、時速100キロで母親になる

  夫は、ハッキリ言ってほしい
  妻は、本心を読み取ってほしい

  夫は、安心で浮気する
  妻は、不満で浮気する

  夫は、鈍感すぎる
  妻は、敏感すぎる

結婚した当初は恋愛感情があるので、
あまり表面化していませんが、
これだけの違いがあれば、夫婦間の溝が
深くなるのも無理はありません。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」

すでに結婚している人も、これからの人も
手遅れになる前に、考え方の違いを
知っておいて損はありません。

個人的には、相手のことを理解して、
この違いを乗り越えるのに必要なものは、
「愛情」よりも「尊敬」だと思います。

この本から何を活かすか?

なぜ、妻は「着ていく服がない」と
つぶやくのか?

よく耳にするこのセリフ。

私は長いあいだ不思議に思っていましたが、
本書を読んで、はじめて理解できました。

  「女性代表として “着ていく洋服がない”
  という言葉を正しく翻訳させていただくと、
   “いま着たい洋服がない”  “何を着ていったら
  いいか悩む” という意味だと理解して
  いただければと思います。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2998-33b59f06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT