活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな

満足度★★★
付箋数:23

本書はタイトルにある通り、「20代」の
働き方について書かれた本です。

著者は、電通、ボスコン、A.T.カーニーを
経て、組織開発を専門とするヘイグループで
シニア・クライアント・パートナーを務める
山口周さんです。

なぜ、20代でない私が本書を手にしたか
というと、過去に読んだ山口さんの本が
いずれもハズレがなかったからです。

 『外資系コンサルのスライド作成術
 『外資系コンサルの知的生産術
 『読書を仕事につなげる技術

さて、本書の「20代は “残業” するな」という
タイトルには、山口さんのどのような真意が
込められているのでしょうか?

  「 “残業する” というのは実にラクな逃げ道
  ですよね。なぜかというと結果的に成果が
  出なくても “でも、一生懸命やっているんです” 
  と言えますから。おそらく周囲も同情して
  くれるでしょうし、上司の評価も甘くなる
  でしょう。しかし、そういう “努力はしている
  けど成果は出せない” という人が多くなると、
  人件費が増えるばかりで価値は生まれない
  という最悪の状況に、会社も社会も陥ることに
  なります。」

山口さんが言っているのは、
「残業に逃げずに、結果にこだわれ」
ということです。

ところで、世の中には本当に残業せずに、
しっかりと結果を出しいる人たちがいます。

そういう人は、一体、何がちがうのでしょうか?

  「人生を変えたければ、何よりもまず、
  時間配分を変えなければなりません。
  (中略)
  彼らは重要な仕事だけに絞り込んで
  労力を集中し、他をスパッと切り落として
  いるからこそ、あれだけの豊かさを手に
  入れているのです。」

山口さんは仕事には、「スジの良い仕事」と
「スジの悪い仕事」の2種類があると言います。

いくら時間をかけて仕事をしても、
それが「スジの悪い仕事」なら、
結果も出ず、徒労感だけが残ります。

それに対して、「スジの良い仕事」は、
一生懸命取り組むことによって、
自分の人生の豊かさが増していきます。

仕事の時間配分を考えるときに、如何にして
スジの良し悪しを見極めるかがポイント。

その仕事が「スジの良い仕事」かどうかを
見極める着眼点は2つあります。

それは「成長につながるか」と
「評価につながるか」です。

理想は、組織内での評価につながる仕事で、
かつ、自分の成長にもつながる仕事です。

しかし、両方は無理でも、どちらか一方に
該当すれば、それは「スジの良い仕事」です。

反対にこの2つのどちらにも該当しない場合は、
それは「スジの悪い仕事」です。

もし「スジの悪い仕事」を依頼されたら、
できるだけ引き受けない、もしくは
引き受けても60%くらいの力でやり過ごす
ことが必要なのです。

「スジの悪い仕事」を何も考えずに
引き受けることも、漫然と残業することと
同じく、成長を妨げる「逃げ道」に
なってしまいます。

本書で山口さんがアドバイスするのは、
単純な仕事術ではなく、もっと大きな視点の
人生戦略です。

20代は「種をまく時期」で、この時期に、
焦って「刈り取り」に執着しすぎると、
将来的な収穫力に悪影響を及ぼすという
考えには、激しく同意します。

最後に本書に興味がある20代の方には、
ロバート・ルイス・スティーヴンソンさんの
名言を贈りたいと思います。

  Don’t judge each day by the harvest
  you reap but by the seeds that you plant.
  (毎日をその日の収穫高で判断せずに、
  まいた種で判断しなさい)

この本から何を活かすか?

山口さんは、世の中を変えるには、
2つのアプローチがあると言います。

1つは「外側からでかいハンマーでぶっ壊す」
方法で、毛沢東さんやレーニンさんが
採用したアプローチ。

もう1つは、「システムの中央制御室に入り、
強制終了ボタンを押す」方法で、
ゴルバチョフさんが採ったアプローチ。

これは企業を変えるアプローチも同じで、
山口さんが勧めるのは「後者」です。

なぜなら、前者は多くの人がトライして、
討ち死にしているからです。

本書は、確実に変革を成し遂げる
「企業内革命家」を育てる目的で
書かれています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2992-bf0f6c4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT