活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

Google流 資料作成術

2017年03月16日
交渉術・伝える力・論理・人脈 0
満足度★★★★
付箋数:24

世の中で見かける「グラフ」は2種類あります。

何を言いたいかが、すぐにわかるグラフと、
ごちゃごちゃしていて、何を言いたいかが
さっぱりわからない「ひどいグラフ」です。

しかも、この「ひどいグラフ」を
目にすることが、業界を問わず意外と多い。

なぜ、仕事ができる人でも、ひどいグラフを
作ってしまうのか?

その1つの理由は、エクセルにデータを入力
するだけで簡単にグラフ化ができてしまう
からです。

ボタンを3つか、4つ順番に押しただけで、
グラフ化の作業は終了。

それでは、言いたいことを端的に表した
グラフにはなりません。

データにはストーリーがありますが、
エクセルのボタンをいくつか押しただけでは、
決してそのストーリーを語ることは
できないのです。

さらにデータ分析の専門家であっても、
分析することは得意でも、それを相手に
わかりやすく伝えるデザインの
トレーニングを受けていません。

それらが、世の中に「ひどいグラフ」が
氾濫している理由です。

本書の著者の、コール・ヌッスバウマー
・ナフリックさんは、「ひどいパワーポイント
スライドをこの世からなくす」ことを
ミッションとしている方です。

本書は、データビジュアライゼーションの
教科書。

ストーリーを語れるグラフ化の技術を
6つのステップで学びます。

  1. コンテキストを理解する
  2. 相手に伝わりやすい表現を学ぶ
  3. 不必要な要素を取りのぞく
  4. 相手の注意をひきつける
  5. デザイナーのように考える
  6. ストーリーを伝える

これにケーススタディを加え、
複雑なデータでも、シンプルにわかりやすく
伝えるノウハウを伝えます。

まず、ナフリックさんが教える
データをうまくビジュアル化する秘訣は、
いきなりデータにふれないことです。

それは、データ作業を始める前に、
コミュニケーションをとることになった
文脈や背景(コンテキスト)を
理解する必要があるからです。

「誰に、何を、どのように」伝えるかを
確認することから始めます。

ビジュアル化のメインとなるグラフは、
主に4つの種類だけを使います。

 点グラフ:散布図
 線グラフ:折れ線、スロープ
 棒グラフ:縦棒、積み上げ縦棒、
      横棒、積み上げ横棒、
      ウォーターフォール
 面積グラフ(限定的に使用)

そして、次のグラフはナフリックさんは、
使うことにNGを出しています。

 円グラフ、ドーナツグラフ、3D、第2縦軸

特に、「円グラフ」と「3D」については、
ナフリックさんの「撲滅したい」という
熱意さえ伝わってきます。

グラフ化については、ビフォー・アフターを
示していますから、どこをどう変えると、
伝わりやすいグラフになるかが一目瞭然。

勘のいい人なら、一度、本書に目を通すだけで、
すぐに真似して、今まで作っていたグラフから
レベルアップすることができるでしょう。

ただし、本書のメインとなるのは
「グラフでストーリーを語る」部分です。

このパートについては、じっくり取り組み、
ストーリーテリングの技術を身に着けたい
ところです。

ビジュアル化に特化した本だったので、
個人的には非常に参考になりました。

この本から何を活かすか?

ナフリックさんのサイトでは、
本書で紹介されているグラフのサンプルも
見ることができます。

http://www.storytellingwithdata.com/


また、ナフリックさんが、グーグルで行った
講演の様子はこちらです。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません